カメラ

タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)ポートレイトレビュー。

投稿日:

やっとタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)でポートレイトを撮る機会がありました。

明治神宮にて。クソ暑い日でしたが、木陰は気持ちの良いものです。

望遠端75mm F2.8開放。

同じ位置で広角端28mmに変更。

木漏れ日の効果もあると思いますが、穏やかなボケで被写体が際立ちます。

下からチルトモニタで撮影。半逆光ですが、極端なコントラスト低下も見られません。

75mm F2.8で全身を撮ると、あまり大きなボケは期待できません。しかしなめらかにボケていく描写は良いですね。

こちらは28mm。いっそガッツリと絞り込んだ方がおもしろいかもしれません。

扉の前に立ってみました。被写界深度がちょうど良く、モデルの背後からゆるやかにボケています。

酒好きは酒樽の前で(^_^

望遠端にして被写体と背景の距離差を作ると、かなり大きなボケになります。

こちらはワイン樽。なんだか自撮りっぽくなりました。

本当に被写体が浮き立ちます。ポートレイトに使えるズームですね。

葉っぱに当たった光がキラキラすると、玉ボケのようになります。これは好き嫌いが分かれるかも?

試しに完全逆光で撮影してみました。パーブルフリンジはかなり強いように思います。フレアは出ませんね。

F2.8ズームとしてはコンパクトで軽量、ポートレイトに使いやすい焦点域、穏やかなボケ。スナップポートレイトには好適な一本だと思います。10万円を切る価格も良いですね。

ところで境内のあちこちにある灯籠?行灯?のハートマーク、これは何の意味なのかしら?日本古来の紋様にハートマークがあるのでしょうか?詳しい人、教えていただけるとスッキリします(^_^

 

こちらの記事もオススメです。

-カメラ
-, , , , , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.