音楽

いとしのエリーズ8年ぶりの多摩川夕涼みコンサートレポートとこの夏の予定。

投稿日:

20180707、第14回多摩川夕涼みコンサート。いとしのエリーズは8年ぶりの出演でした。

河川敷、ステージトラック、厳しいPA環境、少ない照明と、とにかく屈指の撮影困難イベント!前回は暑くて死にそうでしたが、今回は「いつ雨が降り出すか?」が心配でした。結果、ポツポツとは来たものの無事に終了。楽しいイベントとなりました。

本来のお祭りはこんな感じで。ちょっと人出が少ないな〜と思っていましたが、ライブは大盛況でした。

七夕ということで、国交省(?)の肝いり(?)で、7時7分に全国で乾杯だそうです。

新曲「闘う戦士たちへ愛を込めて」、ダンサーもコピー。表情もポイント。

お約束。

お約束。

伝説(?)のダンサーが飛び入りしたり。

お約束。

お約束。

そんなサザンオールスターズトリビュートバンド「いとしのエリーズ」のこの夏のライブがいっぱい決定しています。

  • 7/22(日)茅ヶ崎海の家夏倶楽部(クローズドですが音漏れあり)
  • 7/26(木)新橋こいち祭
  • 8/3(金)横浜ビジネスパーク
  • 8/8(水)9(木)日暮里ラングウッドホテル(要予約)
  • 8/11(土)& 12(日)西武園ゆうえんち花火大会(要予約・音漏れあり)
  • and more ※8/31(金) shinjuku?!

詳細はいとしのエリーズ公式サイトをご覧ください。

http://ellies.jp

さて、今回の撮影機材はEOS6D Mark II、EF24-70mm F4L IS USM、EF16-35mm F4L IS USM。予備のSDカードをわすれるという失態を犯し、新宿乗換時に「ついでだ!」とUHS-IIの64GBカードを購入。EOSでは下位互換で使い、以後はα7RIIIで使います。バッテリーは予備をつっかり持ったのになあ。結果、バッテリーはたっぷり余裕あり、SDカードは64GBでギリギリでした。

なにせ暗い!

ISOオートの高感度限界を12800にしていますが、かんたんに振り切ってしまいます。F5.6程度の被写界深度は欲しいところでしたが、しかたなくF4に設定。ピント合わせがシビアになります。

なぜα7RIIIではなくEOS6D Mark IIなのか?

  • 最大の問題点はバッテリーの保ち。良いタイミングを待ってカメラがスリープしないようにし続けると、α7RIIIではバッテリー2個でも不安です。α7だから、ということではなく、ミラーレス全般そうですよねえ(T_T
  • α7RIIIは悪環境での実績が足りない。まあ、私が使ってないということですが。河川敷で前日まで雨。そこに寝転んで撮るような態勢ですから、カメラだって雑に扱われます。ちょっと(かなり)怖いです。
  • ボケを最大限に活かした撮影ではなく、被写界深度をかなり稼ぐので、瞳AFの出番は無し。
  • 暗所でのα7RIIIのAF性能には大いに疑問が。先日、駒込のライブハウスで撮影した際も、F5.6程度まで絞るとAFが迷いまくりでした。それが開放にするとスイスイと合焦。「設定効果反映」で使うと絞り込み状態のAFになってしまうため、AFがメッチャ遅くなるのです。とにかくリズムが大事なライブ撮影では厳しい仕様です。
  • 超超広角Voigtländer Ultra Wide-Heliar 12mm Aspherical IIはあるけれど、使いやすい16-35mmズームのEマウント版を持っていない。これは完全に私の責任(^_^; EF16-35mm F4L IS USM+MC-11でかなりまともなAFができますが、暗所となるとかなり不安です。いっそフォクトレンダーでパンフォーカス撮影しちゃうというのもアリですが。

ということで、まだまだミラーレス一本には絞れないのでした。ライブ撮影最強は今のところEOSシステムですね。

こちらの記事もオススメです。

-音楽
-, , , , , , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.