EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

タムロンのAPS-Cズームをフルサイズカメラ(5D)に付けてみた。

     2015/09/28   カメラ    ぽち

よい子は真似をしないでください。ミラー当たり等の不具合で故障することがあるかもしれません。

_MG_0771

試してみたのはタムロン16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016) です。

取り付けできます。キヤノン純正のAPS-C用レンズEF-Sは物理的に取付ができないようになっていますが、サードパーティ製レンズはAPS-C用でも取り付けできる物がほとんどのようです。

「これでちゃんと撮れれば、安く超広角(16mm)が手に入るぜ!」なんて夢は、一瞬で消えます。

APS-C用レンズは、イメージサークル(ちゃんと画像が写る遠景の範囲)を小さくすることで小型化・低価格化をはかっているですね。5D MkIIのフルサイズセンサーをカバーするだけのイメージサークルは無いため、ケラレが発生して周辺は真っ黒です。

赤い線は、計算上のAPS-C相当サイズです。フォトショップで線を描きました。

それでも、急場に「どうしても5Dで望遠レンズを使いたい!」なんて時には役にたつかも?X7が壊れて5D用の望遠レンズは無くて、なんて、かなり特殊な状況ですが。

広角側は、16mm設定でも使える範囲を切り出すと25mm相当ですから、素直にフルサイズレンズを使った方が良いですね。

     2015/09/28   カメラ    ぽち

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

タムロンのAPS-Cズームをフルサイズカメラ(5D)に付けてみた。 EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2014 All Rights Reserved.

ページ先頭へ