EF28-105mm F3.5-4.5 USM試し撮り。

     2015/09/28   EFレンズ   , , , ,  ぽち

さすがに古い設計らしいです

1992年というと23年前ですね。デジカメと言えば「マビカ」だったかな?フロッピーに保存するヤツ。いや、あれは「電子スチルカメラ」でアナログ記録でした。デジタルではない。キヤノンがEOS DCS1(360万円)を出したのが1995年ですから、このレンズはデジイチで使われるなんて想定されていないですね。

1173111364

当時勤めていた会社の社長が持っていました、マビカ。私はキヤノンNew F-1とペンタックス67を使っていました。フイルムはエクタクロームとコダクローム、一部はTRY-Xで撮っていました。現像代だけでたいへんかかりました。

固い物・柔らかい物

いい感じのクォーターが駐まっていたので撮ってみました。

_MG_3921

あれれ、柔らかい感じに写ります。

下段の中の犬の置物。やはりやわらかくなりますね。

_MG_3923

花はより柔らかく写ります。

_MG_3922

枯れた枝が空に向かっています。影の部分はつぶれる傾向です。空の青は意外と鮮やかに出ます。

_MG_3925

小さな花たち。こちらは良い感じです。

_MG_3924

_MG_3929

_MG_3935

昼の月が出ていました。望遠端105mm(168mm相当)だと、この程度に写ります。

_MG_3926

最後にたんぽぽ。

_MG_3938

前回「意外とコントラスト高め」と書きましたが、黒が潰れてコントラストが高く見えるようです。値段なりの描写ですが、白飛びしないのは良い部分です。

45-168mm相当の焦点距離も、花撮りには使いやすいと思います。

     2015/09/28   EFレンズ   , , , ,  ぽち

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

EF28-105mm F3.5-4.5 USM試し撮り。 EOS Kiss X7・M5・8000D・α7のお散歩カメラブログ。写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2015 All Rights Reserved.

ページ先頭へ