EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

EOS Kiss X7のライブビューでモネを激写した感想。

     2015/09/28   EOS Kiss X7, さんぽ   , , ,  ぽち

一眼レフを覗いて撮ると、犬は嫌がりますよね

飼い主の顔が見えなくなるからか、特にモネはカメラを向けると顔をそむけます。ソラはそうでもないから、個人差なのかしら?

そこで、ライブビューの出番です。

結論:落ち着いてる子ならいいけど、よく動く子には無力です。

_MG_7307

夢中で道端の草を食べています。犬の歯では草は滑るので、けっこう落ち着きがありません。首を振って食いちぎろうと頑張ります。これは頑張りすぎてヘトヘトの一枚。

_MG_7324

お腹をなでられていればおとなしいものです。しかしカメラを向けるとパッと立ち上がろうとします。

_MG_7372

アキレス腱を食べています。シャンプー後のおやつ。これほどのローアングルはライブビューの独壇場ですね。

_MG_7384

熱中してカジカジしている時はシャッターチャンスですが、可愛くない(^_^;

_MG_7410

ちょっと一息。シャッターラグはかなり大きいので、舌をペロッと出しているところが撮れたのは偶然です。

_MG_7418

人が通ったのを見上げています。「取り上げられやしないか?」と警戒態勢です。この時はかなり落ち着いて撮影できました。

_MG_7419

_MG_7422

 

咥えたまま場所移動。これは数枚撮った内の合焦したものです。

  • X7のライブビューAFは、どこに合焦するか予測もつきません。タッチAFが基本でしょう。
  • シャッタータイムラグは、かなーり大きめです。タッチAF後なのに合焦ポイントを探し始めることがあります。
  • シャッター後のブラックアウトは長いです。「長目」ではなく、そうとう待たされます。ついついシャッタースピードが遅くなっていないか確認してしまうほど、モニタが暗くなっています。なぜなんでしょう?

ライブビューを多用する場合、タッチAF&タッチシャッターにしておくと良いかもしれません。多少はイライラが解消されます。

ライブビューAFが速くなったという8000Dでも撮ってみます。しかし、カメラは少しでも小さい方が犬はビビりません。

     2015/09/28   EOS Kiss X7, さんぽ   , , ,  ぽち

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

EOS Kiss X7のライブビューでモネを激写した感想。 EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2015 All Rights Reserved.

ページ先頭へ