EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

突然、まともなオーディオが欲しくなりました。

     2015/09/28   AV   ,  ぽち

昔話

スピーカーと言えばJBL・アルテックが憬れでした。当時、JBLのフラッグシップは4343。こんなのですね。

dj-hal4l

38cmウーファーに20cmぐらいのミッドロー、スコーカーかツイーターはホーンタイプでディフューザーが目を引きます。スーパーツイーターは左右に取り付け穴があり、確か左右対象位置に付け替えるのが定番だった気がします。まあ、こんなのは一般家庭に置けません。

現実路線としては4311・4301、特に4301の音は好きでした。

jbl_4311wxa

4301bwx

4311の斜めに取り付けられたスコーカーとツイーターが格好いいですね。4301はウーファーが凹んでいるのがなんともたまらん。

もう一つはパンケーキ。LE-8Tです。サンスイがキャビネットに収めてSP LE-8Tとして売っていました。ユニット自体も秋葉原の電気街でふつうに売っていましたね。アルニコユニットがフェライトに替わる時期で「音が変わった!」とか楽しかったものです。

le8t

imgce4c200bzikczj

 

コーンスピーカーであってもホーンサウンドが聞こえる気がしました。

パラゴンも素晴らしいですね。

paragon(1)

「よくまあ、こんなもの作ろうと思ったもんだ!?」

まるで家具ですが、上に物を載せたりしてはいけません。真鶴のホテルのバーに、今でも置いてあるかなあ?オールホーン構成で、スーパーツイーターを追加したタイプもあったはずです。

アルテック・ランシング

ホールPAの雄、アルテックは今は無くなってしまったのでしょうか?細々と携帯スピーカーのような物を売っているだけみたいで、とても悲しいです。

池袋の飲み屋「300B」では、A7が天井から宙づりにされていました。

a7

一番好きだったのは620Bモニター。

620bmonitor(1)

小さく見えますが、38cmウーファーと同軸ホーンのフルレンジユニットで、巨大です。こいつを外付けネットワークで、マークレビンソンのモノラルパワーアンプ4台で駆動とかいう実験?を聞いたことがあります。凄すぎてなんだかよく分かりませんでしたが。

タンノイ・オートグラフは木工芸品と言われていましたね。図面も出回り、自作ブームもあった気がします。小型オートグラフとか。

img_0

spbox11c

現在に戻って

どれも今は手に入らないし、中古はとんでもないプレミア価格です。

そもそもレコードは聴かないし、CDすら買ってくればすぐにiTunesに取り込んでiPod行き、CD自体はCDラックで眠っています。せめて「CDはCDプレイヤーで聴く」週間ぐらいは取り戻したいものです。

しっかり作ってあるレシーバータイプか、CD・チューナー・プリメインアンプのセパレートタイプか。レシーバーはミニコンポか、とんでもなく高い物になってしまうようですね。と思っていたら、こんなのありました。

L_mcr610_f_sg_fr

http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=Systems&SubCatId=NetworkCDReceiver&ProductId=MCR610#.VbBMfIvpdnc

ピュアオーディオなら十分な気がします。設置スペースも小さいし、なによりゴチャゴチャしたコードが必要ありません。

さて、スピーカーは

昔、自作でお世話になったFostex。今も頑張っているのですね!

http://www.fostex.jp

アキバのガード下にでも行かないと買えなかったように思うのですが、今はメジャーな量販店でも置いています。

ここのFEシリーズで、長岡鉄男さんのバックロードホーンスピーカー「スワン」を自作したりしました。写真撮っておけば良かったなあ。

あれほど手間をかけるのはきついので、今作るなら16cm程度のフルレンジを大きなバスレフに入れてみたいと思います。16cmバスレフならFEかFFシリーズが対応していますね。FXの12cmも良いかもしれませんが、音を聞いてみないことにはなんとも。

_MG_9634

こんな本も出てきたので、チャレンジしてみようかなあ?と思っています。

     2015/09/28   AV   ,  ぽち

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

突然、まともなオーディオが欲しくなりました。 EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2015 All Rights Reserved.

ページ先頭へ