EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

EOS M10実機は予想以上の軽さで、新キットレンズ15-45mmはやはりでかい。

     カメラ   , ,  ぽち

10月29日発売

別の用事(後述)で中野フジヤカメラに行ったついでに、EOS M10実機に触ってきました。

IMG_5506

展示品がブラックボディとグレーの新型キットレンズだったので、妙な色の組み合わせになっています(^_^;

やはり使いやすい焦点距離ですね〜フルサイズ換算24-72mmの新キットレンズEF-M15-45 IS STMは。

ボディのみ

レンズキット

これは「レンズキット買わなきゃ嘘だろー!」という感じです。単品だと38000円前後が12000円ぐらいになっちゃいますし、新型だから「もう持ってる」ということは無いですものね。

実はお目当てはM10ではなくこのEF-M15-45 IS STMだったのですが、持った時の軽さ、AFのスムーズさに驚いてしまいました。EOS Mって、こんなにAFが速かったっけ?初代は本当に「ズイーズイー」という感じでM2で少しだけ改善して、M3はEVFのおかげで使いやすくなって。M10は「他社ミラーレスと比較してすげえ遅い!」とか気にはならなくなりました。たぶん、比較するとまだ遅いのでしょうけどね。

M10はとにかく「軽い!シンプル!」です。これはこれでアリですね。

さて、レンズ。沈胴式です。11-22mmと同様にロックがついています。速写性からすると邪魔者でしか無いのですが、このロック。LUMIXの12-32mmのように「ちょっと重くなる簡易ロック」だと良かったのですが、ボタン式です。残念!

伸ばすとこんな感じです。

IMG_5507

黒→グレー→黒なので、かなり異様ですね(^_^;

でかい。

画質を重視すると、どうしても大きくなってしまうのでしょう。さすがに店頭でブログで紹介できるような試写はできませんので、デジカメWatchあたりの記事を待つことにします。

全体の印象

「なんでいまさら廉価版?早くEVF内蔵を出せ!」と思っていましたが、これほど軽いと、これはこれでアリかなあ?と思います。

EF・EF-Sレンズもアダプタで利用できるし、センサーの画質はKiss X7並以上は確保できているはずですし。

15-45mmは実に使いやすい焦点距離ですし。

コンパクトに仕上げるには23mmという銘玉がありますしね。

あとはこちらのキャンペーン。

スクリーンショット 2015-10-31 2.03.21

http://cweb.canon.jp/platinum/eos_m10/

想像していたよりも可愛い(^_^;

石原さとみがついてこないのは残念!

     カメラ   , ,  ぽち

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

EOS M10実機は予想以上の軽さで、新キットレンズ15-45mmはやはりでかい。 EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2015 All Rights Reserved.

ページ先頭へ