EOS 6D Mark II・Kiss X7・8000D・EOS-1Ds・α7の実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOS 6D Mark II・Kiss X7・8000D・EOS-1Ds・α7の実体験お散歩カメラブログ。

ミノルタNewMD50mm F1.4試写の感想。

この記事は2015/11/29に公開され2017/03/12に更新、957回読まれました。

     2017/03/12   オールドレンズ   , , , ,    ぽち

新しめ、30年ぐらい前のレンズ

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8やZeiss JENA Flektogon 2.4/35・さらにはEF-S24mm F2.8 STMのように近接撮影能力の高いレンズばかり使っていると、いわゆる「普通の標準レンズ」の出番がありません。

せっかく大枚7000円も出して手に入れた(でも売ったら500円w)のミノルタNewMD50mm F1.4も、たまには活躍させてみようと引っ張り出しました。期待するのはもちろんF1.4開放の盛大なボケです!

先日Tessar 45mmで撮ったのと同じプランターを撮影しました。

こちらが先日の写真。

_DSC1676

NewMDのF1.4開放では。

_DSC1779

背面タイルが見事に溶けています。替わりに、主題である花もほとんどピント領域にありません(^_^;

ピーカンの順光では、開放F1.4だとISO100でも露出オーバーになりそうです。

_DSC1759

あれ?そんなことより思ったほど背景がボケない。85mm F1.4ではトロトロにボケたのに。

こちらがその85mm F1.4開放。

_DSC1641

被写体との距離、背景の離れ具合は同等ですから、焦点距離はボケに大きく影響しますね。開放F値の明るさに期待しすぎるのは注意だなあ。

  • なるべく明るいレンズを開放で。
  • なるべく望遠で。
  • なるべく近寄って。
  • なるべく背景との距離差を大きくして。

が、大きなボケを期待する鉄則ですね。

逆光も試しました。太陽は入れていませんが、右上にハロが出ています。しかし思ったほどのコントラスト低下はありません。

_DSC1770

オールドレンズとは言っても30年程度でマルチコーティングですから、しっかりしたものですね。

色味はコッテリしていながら自然に感じます。立体感も十分にありますね。

しかし優等生だ・・わざわざオールドレンズとして使うには良い子すぎるかなあ?

     2017/03/12   オールドレンズ   , , , ,    ぽち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミノルタNewMD50mm F1.4試写の感想。 EOS 6D Mark II・Kiss X7・8000D・EOS-1Ds・α7の実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2015 All Rights Reserved.

ページ先頭へ