EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

EVF付き1インチコンデジ・キヤノンPowershot G5 Xはサブカメラになるか?

結論:ライブ用には厳しい

いきなり結論ですが、光の状況が悪い中で激しい動きのライブを撮るには厳しいです。

_MG_4699

良いところ

  • 1インチセンサーの画質はやはりキレイ。
  • 高感度画質も良い。
  • シャッターレスポンスは良い。
  • EVFは高精細でキレイ。
  • メニューはEOSと同様に整理され見やすい。
  • コントロールリングによるステップズームは便利。
  • 質感が高い。
  • 換算24-100mmのズームはちょうど良い。
  • 近接撮影能力十分。

困ったところ

秒間5.9コマ!はJpegのみ。RAWでは高速なSDカードを使用しても秒間1コマ以下。いちいち書き込み待ちが発生する。この仕様がどこにも(カタログにもホームページにも)書いていない。8万円近いコンデジにしてはバッファが小さすぎる。

ダイヤルが軽く特に露出補正ダイヤルは、走り回っていると意図せず回ってしまっている。

ステップズームの反応が遅い。

ストラップ取付穴が極端に小さく、市販のストラップは使えない。付属のストラップも分割タイプでたいへんに不安。

画質

IMG_0054

IMG_0418

IMG_1012

IMG_1047

IMG_1064

IMG_1078

IMG_1079

IMG_1090

IMG_1113

IMG_1120

IMG_1371

IMG_1376

IMG_1378

IMG_0484

お散歩、旅行で使うにはコンパクトで画質も良く、なんでも撮れる良いカメラです。画質的な不満はまったくありません。

操作性

_MG_4743

_MG_4750

EVFを覗いても背面モニタで使っても何の問題もありません。ダイヤル・ボタン類も、初めて使う人でもすぐに理解してくれました。

誰もが言っていたのが「カッコイイ!」です。所有欲は間違いなく満足させてくれると思います。

ストラップには無理がある

「なんでこんな仕様にしたの?」と言うしか無いのがストラップホールです。

_MG_5781

通常のストラップはおろか、小さな金具も通りません。

_MG_5780

無理矢理三角リングを通してみましたが、この状態から動かなくなったので外しました。

標準で付属しているストラップも上の写真のような「糸」を通して、ストラップとはプラスチック製のプラグで繋ぎます。コンデジにしては重いG5 Xを提げるには心許ない強度です(あくまで見た目)。標準のストラップは滑り止め加工がされているので、私は嫌いです。なんとか他のベルトを付けられないかと探したパーツがこちら。

_MG_5784

紐(糸?)をホールに通し、金具に好きなストラップを取り付けできます。私はバッグ用のストラップを使いました。良い具合です。

最大の問題は連続撮影能力

秒間5.9コマ!ただしRAWは不可。

ちゃんと目立つところにアピールして欲しいものです。

照明条件が悪いことの多いライブ撮影、いちいち設定を見直している余裕も無いことがほとんどです。大きな明暗差やカラー照明。

後でホワイトバランスを修正したり暗部を救ったりと、RAWは強い味方なのでこれで連続撮影ができないのは致命的です。

「Jpegでしか撮らないよ〜」という人には欠点をあげつらうのが難しいほど良いカメラですが、私の撮影スタイルには合いませんでした。残念!

こだわったEVFも、いざとなると自然に背面モニタを見てしまいました。

やはり小さなカメラは単機能が良いですね。

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

EVF付き1インチコンデジ・キヤノンPowershot G5 Xはサブカメラになるか? EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2016 All Rights Reserved.

ページ先頭へ