Cheat Cheat.(またはエロの境界)EOS 7D MarkIIとシグマ35mm F1.4 Artで撮るポートレート。

_82a3175

_dsc4802

_dsc5034

_82a3774

_82a3858

_dsc5222

エミリにお願いして「とにかく面白いのを撮ろう!」と中野に繰り出しました。天気は良い具合に薄曇りです。ただ、湿度が高いので歩くとたいへん汗をかきます。

明るい内に目指すは「平和の森公園」です。とても大きな公園で緑豊か、平日だし人も少なかろう?と思いましたが、人出に関しては大ハズレでした。子ども達がドッヂボールをやっている隣でこんな撮影、ごめんねごめんね(^_^;

機材は絞り込みました。

EOS 7D Mark IIにシグマ35mm F1.4 Artがメインです。

換算56mm相当のこのレンズは、F1.4開放からしっかりと黒が締まり解像度も抜群。ピントは超絶シビアですが、今回は多少余裕のある撮影なのでチャレンジします。

予備にEF-S10-18mm F4.5-5.6 STM。夜の飲み屋街で使う・・つもりでしたが、F1.4に比べて面白みが無く(^_^; これがシグマ20mm F1.4 Artとかならまた違ったと思います。欲しいなあ。

もう1台はα7。こちらはヤシコン・ツァイスPlannar 1.4/50 T*一本を付けて行きました。どんだけ標準レンズが好きなんだ→あたしゃ?

今回のテーマは

  • ボケボケ。
  • 「クスっ」とした笑い。

小道具は「顔ペン」赤白です。

皮脂・水気・お化粧には弱いので、今回は顔に描くのは断念。次回、化粧道具をそろえて(以降の撮影に備えるため)再チャレンジします。落とすのはウェットシートで一拭きです。

ポスカのように無くなる時はいきなり無くなりますので、予備は必携です。今回は文字を描いただけですので1本で足りましたが、ちょっと太い字にしたら2〜3本はいくかな?

「自分で描ける?」「無理!」ってことで、すべて私が描きました(^_^ 役得役得

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

価格:288円(税込、送料別) (2016/9/17時点)

お疲れ様でした。

_dsc5242

_dsc5284

_dsc5334

ところでEOS 7D Mark IIとα7、結局どちらが良かったでしょう?

α7が良かった点。

  • EVFでボケ具合を完全に把握できる。露出補正もピッタリ。
  • センサー品質は文句なし。
  • マニュアルフォーカスがやりやすい。被写界深度が極端に浅いので、正確なMFはありがたい。
  • 軽い。

EOS 7D Mark IIが良かった点。

  • 好条件下(明るい曇り)では意外なほど優れたセンサー画質。
  • 開放から素晴らしい解像度/コントラストのシグマ35mmレンズ。
  • 高速で正確なAF。スポットAFは素晴らしいピント精度。「MFで合わせなければ」という懸念は吹っ飛んだ。
  • 重いおかげでカメラが安定。結果、手ぶれ減少。
  • 超高速連写。

トータルでEOS 7D Mark II+シグマ35mm F1.4 Artの方が採用写真が多くなりました。

ヤシコンPlannarは開放では黒がグレーになってしまうほどに甘い描写をします。それが好きな人には良いのですが、私はいまいち。一段絞ってF2にするとキリッとするのですが、今度はボケが小さくなり、また光源が入ると絞りの形がガチャガチャと見えてしまいます。

EVFの「拡大表示でMFしやすい」「ボケや露出補正を確認できる」というメリットは大変大きいのですが、トータルで今はまだ一眼レフの勝ちでしょうか。

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

Cheat Cheat.(またはエロの境界)EOS 7D MarkIIとシグマ35mm F1.4 Artで撮るポートレート。 EOS Kiss X7・M5・8000D・α7のお散歩カメラブログ。写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2016 All Rights Reserved.

ページ先頭へ