EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

いとしのエリーズ@ひたちサンドアートフェスティバル、ハプニングから始まった恒例の花火大会前後ライブ。

この記事は2017/07/17に公開され、130回読まれました。

2017年7月16日、今年で3回目の出演となる「ひたちサンドアートフェスティバル」に行ってきました。

ひたちサンドアートフェスティバルの素晴らしいのは官主導ではなく民間の熱意で大きなお祭りを作り上げているところですね。協賛もらって、開催地域の協力を得て、大きな花火大会を開催して、とんでもない数の集客をして。とても勉強になります。いとしのエリーズは2015年からトリで呼ばれています。

最初の年に進行が押して、エリーズライブが半分もいかない内に花火予定時刻に。花火の時刻はずらせないのでライブ中断、というか途中修了のはずだったのですが、アンコールが鳴り止まず「お祭り最後の花火大会後のライブ第2部!」という事態に。

以来、それが常態化して花火前後のライブとなりました。

実は「2017.08.12・13西武園ゆうえんち花火・ビアガーデンショーステージ」も同様です。

ふつうなら慌てて帰るところなのですが、ありがたいことです(^_^

会場は河原子漁港。光が丘からだと和光市IC→外環→常磐道→南太田で片道2時間前後です。今回は途中で事故があり3時間ほどかかってしまいましたが、空いている時なら1.5時間、125kmですから近い近い。

途中合流・休憩もして現地14時。準備をしたら19時まではヒマです。めざとい奴は生のウニにかぶりついていましたが、私はウッカリと見逃し。それどころかカメラを抱えて芝生で寝ていたら「もしもし」と声をかけられてしまいました。見ると男女の警官。

「近くでトイレやシャワー室を撮っている人がいると通報がありまして、写真を見せていただけますか?」

ヲイヲイ、そんな奴がここで寝ているわけないだろう!?

『カメラを持てば覗きも仕事〜♪』と歌われたのは遠い過去になりました(T_T

恒例、バナナボートも楽しみ!

 

エリーズの前は力士団

超盛り上がりです!元ネタwの氣志團を全然知らないので曲は分かりませんが、それでも楽しい!

エリーズも調子は万全です。それまで開いていたステージ前が観客で埋まり、「よく今年も来たな!」と迎えてもらいました。

途中花火をはさみ(本当はコチラがメイン企画!)、全14曲。残念ながらアンコールはタイムアップで演奏できず(周辺は旅館も住宅も多いので時間制限が)。大盛会でした(^_^

さて。

今回の機材です。

EOS 6D(無印)+Zeiss Milvus 2/5M、ライブ時はシグマ35mm F1.4 Art。

EOS Kiss X7+EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM。

オリンパスOM-D E-M1+12-100mm F4!

オリンパスは「カメラグランプリ2017 オリンパス三冠受賞記念OM-D E-M1 Mark IIモニターキャンペーン」に当選してしまいました。なんと素晴らしいタイミングでしょう!動き物最強?!のOM-D E-M1をいとしのエリーズライブがほぼ毎週ある夏場に使えるなんて。

E-M1、展示会や店頭、新宿のオリンパスショウルームで触っては「いいなあ」「しかしライブ、特にダンサー撮影ってかなり特殊条件だしなあ」と指をくわえていたのです。「借りて現場で試すことってできませんか?」と聞いても「レンタル屋さんでお願いします」との回答しか得られず。それが1ヶ月間使い放題です。唯一残念なのは、貸してもらえたバッテリーが1個だけだったこと。「OM-D E-M1だけ持って撮影に行くぜっ」というのは、怖くてできませんね(^_^;

機材レビュー・撮影感は次回記事で。

いとしのエリーズ、次回は2017年7月27日(木)新橋こいち祭り駅前SL広場無料屋外ライブ20時〜です。時間は前後するかもしれませんのでお早めに!駅ホームからの観覧は危険ですので止めてくださいね(^_^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

いとしのエリーズ@ひたちサンドアートフェスティバル、ハプニングから始まった恒例の花火大会前後ライブ。 EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ