EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

WordPressサブメニュー(副項目)のみ表示をCSSだけで実現。

この記事は2017/10/02に公開され、160回読まれました。

     WordPress・テーマ   , , ,    ぽち

昨今の標準的なサイトでは、サブメニューをメインメニュー(gnav・グランドナビゲーション)のぶら下がりとして表示することが多いと思います。ぽちろぐがまさにそうです。

対してこちらは病院のサイトです。

  • なるべく文字を大きく。
  • ぶら下がりメニューだとお年寄りが操作しにくいので、サブメニューはサイドバーに。

という要望。

WordPressの「メニュー管理機能」で管理しないと後々不便なので、以下を要件としました。

  • メニュー「gnav」に親メニュー・子メニューを作る。
  • 親メニューをメインメニューとして表示する。
  • は表示しているページまたは親ページのスラッグ名から画像を表示。
  • 親メニューまたは同じ親に属する子メニューが選ばれている場合、子メニューをサイドバーに表示する。

「wp_nav_menu()にパラメータ与えればできるんじゃね?」と軽く考えていたら、そもそも「親メニュー・先祖メニューを呼び出す」機能はあるの「子メニューを呼び出す」機能はありませんでした。

各ページ毎にgnavとは別のメニューを作成して呼び出すのも冗長なので、まずはサイドバーにgnavをまとめて呼び出しました。

<div id="autosubmenu" class="asidebox">
<?php wp_nav_menu( array('menu' => 'gnav' )); ?>
</div>

これを表示してソースコードを見ると以下の通り(一部割愛)です。

<div id="autosubmenu" class="asidebox">
<div class="menu-gnav-container">
<ul id="menu-gnav-1" class="menu">
<li class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page current-page-ancestor current-menu-ancestor current-menu-parent current-page-parent current_page_parent current_page_ancestor menu-item-has-children menu-item-103"><a href="/visit/">外来</a>
<ul  class="sub-menu">
<li class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page current-menu-item page_item page-item-24 current_page_item menu-item-109"><a href="/visit/診療科のご案内/">診療科のご案内</a></li>
<li class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-107"><a href="/visit/各科外来担当医表/">各科外来担当医表</a></li>
<li class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-105"><a href="/visit/リハビリテーション科/">リハビリテーション科</a></li>
<li class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-104"><a href="/visit/マッサージ/">マッサージ</a></li>
<li class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-106"><a href="/visit/健康診断/">健康診断</a></li>
</ul><!--//sub-menu//-->

</ul><!--//menu//-->
</div><!--//menu-gnav-container//-->
</div><!--//autosubmenu//-->

赤字のところがミソです。

  • #autosubmenu ul.menu liを全て非表示。display:none;
  • 親メニューのクラスがcurrent-menu-parentとcurrent-menu-itemの場合、表示。display:block;
  • 親メニューは表示したくないので非表示。visibility:hidden;

gnavのサブメニュー(副項目)を非表示。

nav#gnav ul.sub-menu {
display : none;
}

サイドバーに設置したgnavのli要素を全て非表示。

#autosubmenu ul.menu li.menu-item-has-children {
display : none;
}

親メニューがcurrent-menu-itemまたはcurrent-menu-parentの場合、親メニューと子メニューを表示。

#autosubmenu ul.menu li.current-menu-item ,
#autosubmenu ul.menu li.current-menu-parent ,
#autosubmenu ul.menu li.current-menu-item li ,
#autosubmenu ul.menu li.current-menu-parent li {
display : block;
}

親メニューはdisplay:block;だけれども見せたくないのでhiddenに。

#autosubmenu ul.menu > li.current-menu-item ,
#autosubmenu ul.menu > li.current-menu-parent {
visibility : hidden;
}

念のため子メニューはvisibleに。

#autosubmenu ul.menu li.current-menu-item li ,
#autosubmenu ul.menu li.current-menu-parent li {
visibility : visible;
}

子メニューのデザインを指定。

#autosubmenu ul.sub-menu li a {/**/
display : block;
list-style : none;
font-size : 20px;
line-height : 78px;
color : #6f5436;
border-top : 1px solid #ffebb1;
text-align : left;
text-decoration : none;
}
#autosubmenu ul.sub-menu li a:hover {
background : #faf7e1;
}

子メニューのデザインに合わせて全体を囲むブロックautosubmenuを上にずらす。

#autosubmenu {
margin-top : -78px;
border-bottom : 1px solid #ffebb1;/**/
}

パズルみたいでおもしろかったのと、functions.phpに「表示しているページの子メニューのみを抽出するプログラム」なんかを書かないで済んだので記事にしてみました。参考になるかなあ?

 

     WordPress・テーマ   , , ,    ぽち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

WordPressサブメニュー(副項目)のみ表示をCSSだけで実現。 EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ