くっそー、発売日入手できず!のタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)触ってきました。 - ぽちろぐ

EOS 6D Mark II・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

α7

くっそー、発売日入手できず!のタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)触ってきました。

投稿日:

大好評売り切れのタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)、残念ながら初日入手間に合わず。新宿で数店回ったところ、ヨドバシカメラカメラ館2Fにだけは実機が置いてありました

触ってきましたよ。

このレンズは

  • 適度な大きさ、重さ。
  • 十分な解像度。
  • タムロンらしいボケのきれいさ。
  • 圧倒的な近接撮影能力、広角端で最短撮影距離19cm!望遠端で29cm!
  • 純正24-70mm F2.8の半値以下。

という前評判で、私も「初めてのFEマウントレンズ」として楽しみにしていたのですが、予約殺到につき初日入手不可でした。出遅れた〜。

まずは触った感じ。

軽い!細い!最近はシグマ85mm F1.4ArtだのMilvus 2/50Mだのと超重量級レンズばかり使用していたので「カメラってこんなに軽かったんだ〜」と感慨一入。スナップに持ち歩こうって気にもなるものです。

仕事だのポートレイトだの目的がはっきりしている場合は、これらクソ重いレンズも「得られる写真の品質」とのトレードオフで我慢できるんですけどね。旅行には持っていけないわー。なんとなく原宿(明日行く予定なので)あたりをブラブラ撮影するのも辛いですもの。タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)なら望遠端開放で大きなボケも期待できるし、スナップポートレイトでも使えるかも?

ギリギリまで迫って(おかげでピント外した・ごめんなさい)みると、ここまでアップで撮れます。印刷物相手でもちゃんと瞳AFが効いています。最大撮影倍率0.344倍。0.2倍を超えると「寄れるレンズだなあ」と、とても便利感・安心感があります。タムロンは35mm・45mmのように、意外に割れちゃうレンズが得意なんですね。

広角端の歪みはけっこう大きな樽形に見えます。RAWのストレート現像で、補正が入らないとこんなものかな?ウネウネしていないので、問題は無いでしょう。

75mm開放・比較的「寄り」で撮ると、後ボケは大きいです。店内のPOP等がボケていますので、きれいなボケか判断することはできません。

とりあえず二線ボケやザワザワした感じは無さそうで安心です。

早く届かないかな〜?楽しみです。まだ予約していない人は、店頭で探してもムダと思われるのでご予約を。

余談。

昼は雑司ヶ谷「みんなのキッチンHAPPY」でランチしました。遠くはないけど近くもない(T_T 近かったら毎日行きたいお店です。

ステーキランチ980円。肉とソースの味がじんわりしてて、本当に美味しいです。ステーキランチは初めてでしたが、他の物を食べていて想像できる「そうそう、これが喰いたかった!」な味でした。ごちそーさまー!

ずうっとサザンだけがかかっていて、サザン好きなら倍楽しめます。

こちらの記事もオススメです。

-α7
-, , , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.