EOS 6D Mark II・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

αシステム

初のFEマウントレンズ、タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)ついに到着。

更新日:

注文がギリギリで「予約・お待たせします」になってしまったタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)が、予想外に早く到着しました。楽天の各店舗などでは「入荷:3カ月程度」と書かれていて、かなりガックリきていたのですが。さすがヨドバシカメラ!

α7(初代無印)から、初のネイティブFEレンズです!ソニーのボディは面白いけど、ソニーのレンズはキライ〜と思っていたところに

  • 比較的軽量。
  • 使いやすい焦点域。
  • ボケも期待できる開放F2.8。
  • 他と比べて極端に短い最短撮影距離。
  • そして手頃な価格。

とくれば、試してみざるを得ませんね。

外観・操作性

根元部分からかなり急激に太くなっていますが、ホールディングは良好です。この段差、まったく気になりません。

28mm時に短く、望遠側ほど鏡筒が伸びます。

フードは先端にくっついていますので、望遠時に鏡筒が縮んで相対的にフードが伸びて望遠対応する・・ということは期待できません。そもそも望遠時に伸びるタイプだし。

持った感じ、遠目に見た感じは良くできていますが、細かく見るとかなりチープな造りです。

  • プラ外装で、型についているのであろう「筋」がそのまま残っています。よく見えるのはTAMRONロゴのTの横。しかも斜め位置w
  • この長さでズームリングが先端側というのは使いにくいです。パッと手を動かすとフォーカスリングを回してしまいます。キヤノンEFレンズと逆だから・・というのもあるかもしれません。私個人の問題かも?
  • ズームリングは快適とはいかずとも、スムーズに回転します。
  • フォーカスリングはとても軽いです。
  • フードは申し訳程度。しかしそこそこの効果はあるようです。

しかしシンプルなデザインはとても好感が持てます。難しいことを考えずに、便利で高画質に撮れる明るいレンズ!となれば、距離目盛が無いとか、AF・MF切り替えスイッチが無いとか、うるさいことを言う必要はないでしょう。

お花を撮ってみました。

ワイドエリアAF任せで撮ってみました。ワサワサキラキラした雄蕊(?)にジャスピンなのはα7RIIIが優秀なのでしょう。これで、最短撮影距離にはまだまだ余裕があります。

特筆すべきは見事な解像感とボケ味。

店頭でも「私はニコン用の28-75mmを使っていてそのボケ味に惚れていたのですが、FEマウント用はさらに良いですよ!」と店員のお姉さんが熱弁していました。

  • 近いボケと遠いボケも同様のボケ味で、それでいて遠近感は出ているし。
  • 望遠側でマクロ域とはいえ、ボケ量も十分異常だし。
  • ボケ味にザワついたところがないし。
  • ちょっと絵画的なボケ方は魅力的だし。

タムロンレンズはほとんどがキヤノンEFとはリングの回転方向が逆なので敬遠していたのですが、惚れました。SP35mm・45mm・90mmなんかはタムロンでは珍しいキヤノンEF回転だし、手を出してみようかしらん?

絞り値・撮影距離に関わらず、ボケ味は安定しています。いいなあ、コレ。

遠景でも解像感、すごいです。緑の透明感もよく出ます。

固い物を撮ってみました。

穏やか!笑っちゃうぐらい穏やかに撮れます。

明瞭度を強くしたり、少し彩度を上げたくなります。

積極的に使いたくなる絵ではないですね(^_^;

テーブルフォト。

今夜の晩飯です(^_^ カプレーゼ。花畑牧場のモッツァレラがあったので、プランターのバジルを贅沢に盛り付けました。って、料理解説じゃないし!

レストランで持ち出すには少々大きなレンズですが、広角端19cmの近接撮影能力はとても便利です。とにかく私は「寄れるレンズ」が大好きです。

こちらは鶏モモのガーリックソテー。我が家流の一風変わったマッシュポテトにのせました。ヤングコーンは茹でて酸味をきかせて。エリンギはバター炒め。インゲンは「ビックリするほど美味い!」と言われて買ってきましたが、まさしくビックリしました。味と香りが濃いです。

人とか犬とか撮ってみた。

AFは爆速ではありませんが、明るい所では迷いません。迷いまくる状況を後で解説します。

α7RIIIなので、この状況で瞳にピントがいきます。すごい!まあ、レンズのおかげでは無いんですが(^_^;

ピント面はシャープで、他は柔らかくボケる。「ポートレイトに使うならタムロンがいいよ」と言われた理由が分かりました。

モデルの都合がつかなかったので、後日追加掲載します。

もうちょっと、ボケ味の作例。

主張しないボケ。私は好きです。

ライブ撮影してみた!

Auto ISOだと6400とか12800になっちゃう会場でのライブを撮影しました。

描写については文句なしです。

しかしいくつか不満点が。まずレンズに関すること。

  • ズームリングを回したつもりが、一所懸命フォーカスリングをいじってしまいました。いっそパーマセルテープで固定しちゃおうか!と思ったほどです。ライブ撮影ではどうせMF使わないし。
  • 室内撮影で28mm始まりはきつい(T_T 28mmだからこそここまで小さく軽く、かつ高画質にできたのでしょうけれどね。望遠側は寄ればなんとかなるのですが、広角側はどうしようもないことが多いのですよ。

続いてα7の仕様に起因する不満。

  • AFが迷いまくり!F4〜5.6のAvモードで撮影していたのですが、ふと気づいて開放F2.8にすると、AFが俄然快適に。
  • EVFの「設定効果反映」をオフにしてもダメ。
  • 要は、α7の絞り優先AE(Av)モードは絞り込み測光で、これは解除できないということです。
  • レンズが暗くなればAFにモロに影響します。

作例の逆光のギタリストですら瞳AFがスッと効くのに、適正な絞りまで絞るとAFが遅くなるとは!?

やはり暗いところでのライブ撮影にα7は向かないのかなあ?何か逃げ手はないかしら?シャッタースピード優先AE(Tv)モードにでもしてみようかしらん?明るいところでなら絞り込んでもAFに問題は無いのですがねえ。

とにかくオススメ。軽いは正義。

無条件に誰でもオススメです。明確な目的があってどうしても広角端24mmでなければダメ!という方以外は、24-70GMもVario-Tessar24-70も無視してこちらにしましょう。

あらためて書くと

  • 解像感が高く、かつボケ味がきれい。常に破綻しないボケ味。
  • 十分に軽くてコンパクト。フードも含めて(笑)小さい。
  • とにかく寄れる!一般撮影で困ることはまず無いでしょう。

今のところ最安で8万円台半ば。私も予約を入れていながら「どこかの店に余ってないか?」と探しましたが、ダメでした。素直に予約しちゃいましょう。

Error: Failed to retrieve data for this request.

こちらの記事もオススメです。

-αシステム
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.