EOS 6D Mark II・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

αシステム

ツァイスのEマウントBatis 2/40 CFの噂。

投稿日:

軒下デジカメ情報局さんにBatis 2/40 CFの画像が掲載されています。

https://www.nokishita-camera.com/2018/07/batis-240-cf.html

他の写真は元サイトをご覧ください。

40mm F2というスペックの割にはかなり大型です。ライカMならフィルター径49mm、いや39mmクラスかしら(^_^?まあ、比べようもありませんが。

Batis 1.8/85よりは小さいということなので、ヨドバシカメラで確認してきました。85mmは、大きいけれど軽めです。スペック表を見ると452g、サイズからするとかなり軽いのでは?

https://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/photography/products/batis-lenses/batis-1885.html#inpagetabs-1

40mmはね、使いやすいので大好きです。キヤノンEF40mm F2.8 STMはもちろん、EOS Kiss X7ではEF-S24mm F2.8 STM(フルサイズ換算38.8mm相当)が標準レンズでした。50mm標準レンズの良さと、パーティスナップでは50mmよりも「ヒキ」に多少の余裕があるところが万能です。

さらにClose Focusを意味するであろう「CF」、24cmまで寄れます。これはハーフマクロのMilvus 2/50Mと同じです。焦点距離が違うので1/3マクロぐらいの感じでしょうか?

ちなみにEF40mm F2.8 STMの最短撮影距離は30cm、EF-S24mm F2.8 STMは16cmです。Batis 2/40 CFの万能性がうかがい知れます。

しかし長い・大きい(T_T 前面レンズが奥まっていないので少々気になりますが、フード無し・保護フィルターのみで使おうかなあ。

BatisはLoxiaと比べて高機能・高利便性・ツァイスとしては低価格路線なので、10万円少々でしょうか。期待大です。

合わせて、デジカメinfoのこちらの噂も気になるところです。35mm F1.8で全長4cm以下のパンケーキレンズとは?パンケーキと呼ぶには少々長めですが、光学性能を追い求める余りに重厚長大になりすぎた最近の傾向に歯止めをかけてくれるかしら?

「ツァイスがALONを採用したFEのパンケーキレンズを準備中?」

http://digicame-info.com/2018/05/alonfe.html

こちらの記事もオススメです。

-αシステム
-, , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.