EOS 6D Mark II・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOSシステム

EOS Kiss M発表。

投稿日:

噂になっていたEOS Kiss Mが、名前もそのまま発表されました。

http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissm/index.html

EOS Kiss X7が廃版となって、やっと本命登場と言った感がありますね。

内容は、だいたいEOS M5だと思っておけば間違いないかも(^_^; しかしKiss、初値でかなり勝負をかけてきたようです。

直販税別価格。

  • ボディのみ:73,500円
  • 15-45mmレンズキット:88,500円
  • ダブルズームレンズキット:111,500円
  • ダブルレンズキット:104,500円
  • 18-150mmレンズキット:122,500円

本命は15-45mmレンズキットですね。「10万円を切らなきゃKissじゃない!」と思っていましたが、大きく割り込みました。

目玉は

  • DiGIC8初搭載。
  • キヤノンのAPS-C機で初の4K動画機能搭載。
  • M5と異なりバリアングル液晶モニタ。M5はチルト形式。
  • 瞳AF搭載!キヤノン一眼初!
  • RAWが新しいCR3に変更。画素数を変更せずにファイル容量を減らすC-RAWモードを搭載。これまでのS・M-RAWは廃止。
  • 拡張感度ISO51200。
  • AF範囲が拡大。
  • バッテリーはEOS M100と同じLP-E12。ちょっと心許ない(^_^;
  • ホワイトモデルあり。
  • 安い!

この価格なら予備に一台持っていても良いかなあ?と思える内容です。もちろん、初心者には最適かと!

気になるのは例によって操作レスポンスですね。CP+で確認してきます。

他にスピードライト470EX-AI、EOS Kiss X90も発表されましたが、これだけでしょうか?

レンズ、何よりフルサイズミラーレスの開発発表だけでも無いものでしょうかね?

 

こちらの記事もオススメです。

-EOSシステム
-, , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.