EOS 6D Mark II・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOSシステム

Adobe DNG Converter 10.4がEOS Kiss Mに対応しました。

投稿日:

長らくEOS M50(Kiss Mの海外名)には対応しているのにKiss Mには対応していなかったAdobe DNG Converterが、10.4になってやっとEOS Kiss Mに対応しました!

こちらでWindows用またはMacintosh用をダウンロードしてください。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/adobe-dng-converter.html

ということは、古いLightroomでもEOS Kiss MのRAWファイルを現像できるようになったわけで!

キヤノン純正RAW現像ソフトDigital Photo Proffesional 4は高機能・多機能で現像品質も良いのですが、動作が遅く、なにより使い慣れていないので思うような現像ができません(個人的事情)。Lightroomが使えるようになったことで、EOS Kiss Mで撮った写真を全て現像し直してみました。

ぽちろぐオススメのEOS Mシリーズの神レンズEF-M22mm F2 STMで撮った様々なシーンで、EOS Kiss Mの実力を見てください。

Lightroomのおかげで、イメージ通りに仕上がりました。こんな「お散歩カメラ」として、EOS Kiss MとEF-M22mm F2 STMは最強の組み合わせですね。さほど大きくは無いボケが、周囲の状況もしっかりと説明してくれます。それでもスマホカメラとは別物ですものね。

F2開放で、ピントは女の子の目に行っています。瞳AF、楽ちん!

ここでははな(チワックス)の瞳をつかまえました。もうちょっと絞れば良かった〜。

グラス越しだって、ちゃんと瞳を捕まえます。しかし濁りの微発砲、あたしは飲めない(^_^; 日本酒大好きなんですけどねえ。

打ち合わせ後に見つけた隠れたバー。この距離だと、顔認識もウロウロします。高感度性能も、あまり期待しすぎないように。Lightroomのおかげで、かなり見られるようにできました。

暗めのライブバーでセッション。

ISOオートだと、フラッシュ発光してくれませんでした。失敗(^_^;

続いて「お花」シリーズ。EF-M22mm F2 STM一本でも、カメラマンが動けばかなり多彩な表現ができると思います。私が、手先を動かすより足を動かす方が好きということもありますが(^_^

露出を変えるだけですごく違う印象に!さらにLightroomで微調整しています。

テーブルフォトは、その最短撮影距離の短さとコンパクトさて、独壇場です。

本領を発揮する、お散歩。

こちらは撮影OKの大きな大きな魚屋さん、ぽちろぐにはよく登場する「旬」です。

機会があり、六本木新国立美術館で国展を見てきました。

いい感じです。

もちろん、飲み会の席で使っても大袈裟じゃありません。問題はバッテリーの保ちだけかなあ?たった数時間の飲み会でも、予備バッテリーが欲しいところです。

EF-M22mm F2 STMは最短撮影距離15cmと、とても寄れます。使いやすいフルサイズ換算35mmの画角だし、ボケも期待できるF2だし。それでいてパンケーキサイズとコンパクト。遠くの物を大きく撮れないぐらいで、半端なズームよりよほど万能ですよ!

あらめたてRAW現像でEOS Kiss Mを使ってみて、惚れ直しました。ミラーレスだから・・・じゃなくて、小さくて良いレンズが使えるのは、本当に良いです。買うなら、ちょっと高いけどダブルレンズキットですね。

Error: Failed to retrieve data for this request.

こちらの記事もオススメです。

-EOSシステム
-, , , , , , ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.