EOS 6D Mark II・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

Windows

MacのParallels DesktopにWindows 10をクリーンインストールしてみました。

更新日:

スクリーンショット 2016-03-17 14.20.02

これまで配布されていたWindows 10はWindows 7または8.1からのアップグレードが必要で、クリーンインストールするにはパッケージ版を買う必要がありました。

高いよ!私はふだんはWindowsに用は無い(w)ので、こんな使いづらい物に金使ってらんないよ!でも触りたいのさ(^_^

と、「Build10586はクリーンインストールが可能になった」との情報を得て落としてきました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

※注:落とせるバージョンは変更されることがあるようです。もしかするとクリーンインストールできないバージョンになっているかもしれません。

マックですので、ISOを落としてDVDを焼きます。

Win10_1511_Japanese_x64.iso ← 「1511」というバージョンが入っていれば大丈夫です。その他については検証できていません。

Parallels Desktopにインストールする分には、DVDを焼く必要はありません。isoファイルのままでインストールできます。インストールは1時間近くかかりましたが、Mac miniがさすがに非力なことが原因かと。

インストールキーには、使わなくなったWindows 7の物を使いました。ライセンス的にグレーというかアレなので、テスト完了後には消しちゃいます。「本来7で使っていたマシンに10をクリーンインストールできますよ!」というテストですから。

インストール後の動作は(Vistaに比べて)軽快です。

インストール直後はローカルアカウントで動作、Microsoftアカウントにはコントロールパネルで変更しました。

しかし「PINを決めて以後はそれでログインしろ」とか、いろいろと分かりにくくなっていますね。LinuxのようにSuper Userがいて・・・みたいな方が分かりやすくて良いと思うのですがどうでしょう?頑張って分かりにくくしているような。

あと、Cortanaはマイクが無いので使えません(^_^; これ、普及するかなあ(^_^?スタートレック以来、コンピュータを使う者には夢のシステムですけどねえ。いざとなると「PCにしゃべってる自分」って小っ恥ずかしいです。

こちらの記事もオススメです。

-Windows
-, ,

Copyright© ぽちろぐ , 2018 All Rights Reserved.