【メモ】Dell Optiplex 7010のWindows 7デバイスドライバ。

【メモ】Dell Optiplex 7010のWindows 7デバイスドライバ。

この記事は2021/01/08に公開され、37 views読まれました。

サポートも切れたWindows 7が必要になり、古いDell Optiplex 7010にWindows 7をクリーンインストールすることになりました。Dell Optiplex 7010の仕様は以下の通りです。

  • 第3世代インテル® Core i7
  • メモリ16GB
  • SSD 256GB

ミニタワーの筐体でポート数も多く使い勝手は良さそうです。さすがに第3世代Core i7にスピードは期待できませんが、Windows 7世代としては立派な仕様でしょう。

Windows 7のインストール自体はすんなり完了しましたが、デバイスドライバを確認すると「!」マークが4つ。

  • SMコントローラー
  • ネットワークアダプタ
  • USBコントローラー
  • シリアルバスコントローラー(?忘れた)

「すんなり完了」と書きましたが、ライセンス認証はネット経由でできなくなっているようです。私は自動応答の電話で認証しました。

最初は慌てず騒がず、Dellのサポートページへ。

https://www.dell.com/support/home/ja-jp/product-support/product/optiplex-7010/drivers

非常に数が多く1つずつしかダウンロードできないため、説明をよく読んで関係ありそうな物を落とします。基本的にはIntel Chipset関連のようです。・・・しかし落としたファイルをインストールしても全く変化無し!

ネットワークアダプタが使えないので、ネットから自動インストールもできません。そもそもWindows 7のサポートは終了しているので望み薄です。困った・・。

ネットで調べ続けると、どうやら「ドライバーパック」といのが有効なようです。それがコチラ。

https://www.dell.com/support/kbdoc/ja-jp/000180534/dell-ファミリードライバパック

該当モデルのパックを検索してCABファイルをダウンロードします。

なおこのサイトはWindows 7をインストールしたマシンのIEでは閲覧できないため、別のPCが必要です。私はMacBookでダウンロードしました。幸いOptiplex 7010のUSBポートは生きていたため、USBメモリでコピーしました。

さて。

CABファイル(Windows独自の圧縮ファイル、ZIPのような物)をOptiplexにコピーして、デバイスドライバの更新→場所を指定してドライバを検索を選んでも見つかりません。CABファイルはダブルクリックすれば中身を見ることができるので確認してみると、どうやら必要なドライバは入っているようです。

「こりゃあ、CABファイルを展開しなければならないのでは?」

CABファイルを右クリックしても「全てを展開」コンテキストメニューは出てこないので、コマンドプロンプトを使用します。コマンドプロンプトはスタートメニュー→アクセサリにあります。

c:\>expand 「CABファイル」 「展開先」 -F:*

「CABファイル」「展開先」は環境に応じて入力してください。コマンドプロンプト画面にファイルやフォルダをドラッグ&ドロップすれば自動入力されます。

あらためてドライバパックCABファイルを展開した先を指定して「デバイスドライバの更新」をすると、無事に更新されました。

いやあ、長い道のりでした。

業務ソフトによっては未だにWindows 7でなければならないものもあります。仕方なくWindows 7マシンを用意したのですが、くれぐれもネットには接続しないでください。あっという間に乗っ取られたりウイルス感染します。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【メモ】Dell Optiplex 7010のWindows 7デバイスドライバ。 EOS R・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2021 All Rights Reserved.