EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

予想外に良かったEOS 8000D!

追記:最新情報はコチラです

キヤノンEOS 8000Dを実際に購入した私が、お勧めする10の理由。

ヨドバシカメラ・カメラ館にて

たっぷり触ってきました!これは買いです。7D MkIIと迷っていましたが、「少し値落ちしたら」買いです!初値10万円強は、中身Kissとしてはちょっと高いですよね(^_^;

買いました!レンズキット13万円で!詳しくはこちら。

色検知AFがすごい

モデルを連れて行かなかったので作例がありませんが、カメラ前を横切る人に敏感に反応します。

1DXで感激し、7D MkIIでAFエリアの広さが加わった「顔検知AF」ですが、7560画素しか無い8000DのAEセンサーによる肌色検知でも十分に役立ってくれます。1DXは15万画素のAEセンサーを利用した顔認識ですが、こちらはその1/20しか無いセンサーでの色検知です。計算すると画面を90*80程度に分割して測光、その中で肌色を検知しているのですね。カメラを向けると「スッ」と人の顔に合焦表示されます。

こんな「肌色多め」の撮影ではどうなるか分かりませんが。

SONY DSC

ライブ撮影では連写速度任せより、振り付けを頭に入れて撮らないと「キメ」が撮れません。なので7D MkIIほどの連写速度は必要ないのです。1DXの10コマ超えになると、また新しい世界もあるかもしれませんが。

なによりRAW撮影しているとデータ量が多くなりすぎて(^_^;バッファの問題もあるし、ベストショットを選ぶのもますます大変になってしまいます(こちらの方が連写しない理由としては大きいかも)。

とにかく、8000Dの色検知AFは使えます!AFロック・フレーミング修正の手間が大幅に減るので、シャッターチャンスを逃さず自由なフレーミングが可能になるはずです。

AFエリアも広がったように感じます。

finder

  • 背景はKiss X7。黒い□が測距点です。
  • 緑は1DX。フルサイズにして7D MkIIと同程度のAFエリアです。
  • 青は7D MkII。上下が気持ち程度1DXより広くなっています。
  • 赤が8000D。Kiss X7より一回り広いAFエリアです。上下は7D MkIIと遜色なし。左右は7D MkIIとKiss X7の中間ですね。

インテリジェントビューファインダーが快適

ファインダースクリーンを交換しなくても格子線が出る!最近はあまり使ってないのですが(^_^;

MFの時、AFポイントの黒い□は、想像以上に目障りです。それを消せる。ペンタダハミラーの素通しファインダーでMFということはほぼ無いと思いますが、目障りなものが消せるのは快適です。

7D MkIIのように明るいレンズ用のスクリーンに交換できれば最高ですが、それは1桁機を買え、ということですよね?

高感度

新機種・DiGIC6・2400万画素ということで、言って来いで高感度はあまり変わらないかな〜?と思っていました。

RAW現像はまだできないのでJpeg撮って出しです。

ISO100

IMG_0012

ISO200

IMG_0013

ISO400

IMG_0014

ISO800

IMG_0015

ISO1600

IMG_0016

ISO3200

IMG_0017

ISO6400

IMG_0018

ISO12800

IMG_0019

新型センサーが凄いのかDiGIC6の威力かJpegだからか?原寸で見てもISO12800は完全に常用範囲です。この縮小画像だと、違いがほとんど分かりません。

ざらつき感も無く素晴らしいのですが、コントラストが維持されているのがすごいです。黒が締まっています。

ホールディング

Kiss X7よりも一回り大きく、バリアングル液晶もあって厚みを感じます。その代わりグリップがしっかりしているため握りやすくなっています。背面ダイヤルは、不用意に動いてしまうことはありませんでした。

大きくなったというよりも、X7に比べて「角張ったなあ」という印象が強く残りました。7D MkIIと握った感触が似ています。大きさと重さはまるで違いますけどね。

EF-S24mm F2.8 STMを付ければ、バッグには楽々入ります。X7よりは威圧感はありますね。飲み会だと、ちょっと・・?

_MG_4618

_MG_0695

上面液晶

やはり便利です!

背面モニターは、ふと設定を確認しようとするとなかなか表示されなかったりしますから。

背面液晶は裏返して隠しておくこともできます。バリアングル、いいなあ。厚みが出ちゃうけど。

使い分け

ただいま人生初めての「カメラ1台しか無いよ!」時代を過ごしています。

8000Dは買い増しですね。

Kiss X7はこれまで通りお散歩カメラとして。サイズ的に8000Dは毎日バッグに入れるにはちょっとだけ大きいです。また、Kiss X7の機能で、お散歩カメに不足な部分はまだありません。

8000Dはライブ撮影で役に立ってくれそうです。色検知AFを活かしてEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを付けたいと思います。ステージ下から煽って撮っても、ちゃんと顔にピントがいきそうです。

20140921-_MG_8017

・・・これだと太股にいくかもしれませんが。

Kiss X7用マグニファイヤー

見てきました。残念ながらデモ機が無く、持参したX7には装着不可でしたので購入は断念。

あらためてサービスセンター・ショールームで見てから購入したいと思います。

買う?

現在、ヨドバシカメで11万円弱。価格コムの最安値で95000円強。

ちょっと高いですね。機能面では上回っていますが、カメラの本質としては上位になるEOS 70Dと変わらない価格です。

8万円台が買い頃かなあ?と思います。5月30日(土)の、いとしのエリーズ10周年記念コンサートまでに買えたらいいなあ。

将来は再びフルサイズ機+高級単焦点を入手したいので、7D MkIIはパスして8000Dにするのが、私にとっては良さそうです。

追記:8000Dをしばらく使ってみて

お勧めポイントをまとめてみました。ぜひご覧ください。

一台だけ買うならEOS 8000Dを勧める10の理由。

Comment

  1. Marantz より:

    ファインダーのぞいたら枠がチッセーと思いました。
    70Dとかはそこそこ見れました。

    • ぽち ぽち より:

      これはペンタプリズムとペンタダハミラーの決定的な差ですね。
      これでも以前と比べると格段に大きくなったんですよ!Kiss Digital(初代)とかは、本当にのぞき穴みたいでした。
      こういう物も、バランスが大事ですね。
      その分軽いから、何を優先するかですね(^_^

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

予想外に良かったEOS 8000D! EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2015 All Rights Reserved.

ページ先頭へ