第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

昨年は「自己免疫性膵炎」というやつにやられて撮影できなかったので、今回は準備も含めてガッツリやりました。

会場入りはお昼12時、一通りのリハを見ながら定点カメラをセッティング。手持ち用機材もチェックして、タイムテーブルを確認。脳内シミュレーションしてバッテリーやメディアの交換タイミングをイメージしておきます。

手持ち用機材は

  • EOS 6D Mark II
  • EF24-70mm F4L IS USM
  • EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

がメインで、EF20mm F2.8 USMをちょこっと使用という感じ。ほぼ24-70mmでイケました。

MG 9609 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 9643 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

名物のカエルベース。

MG 9812 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 9828 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0022 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0102 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0160 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0238 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0324 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0344 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0353 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0393 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

BABY METALのトリビュートDIZZY METAL。大人気でした。

MG 0442 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0474 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0494 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0577 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

Xジャンプは毎度のお約束。

MG 0625 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0636 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0681 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0656 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0696 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

FAIは魅せます(^_^

MG 0759 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 0950 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 1209 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

MG 1238 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

EOS 6D Mark IIの設定は

  • 高輝度優先AEオン(時々オフ)
  • ワイドエリアAF(時々中央9点)
  • AI Focus
  • 連写Lo(3コマ)
  • ISO Auto(最低シャッタースピード1/250秒)
  • F5.6 絞り優先AE

高輝度側の画質に余裕が出てきたので、ISO Autoを安心して使えるようになりました。この便利さに慣れてしまうとダメですねえ(^_^;

ちょっと困ったのは、度々露出オーバーになってしまうこと。「あれ?」と思うとISO12800で1/30秒とかになってしまいます。一度撮影を止めて休んでから撮り直すと大丈夫なんですけどねえ。画像が真っ白。AE固定をオフにしたり色々と試したのですが、ついに症状は改善しませんでした。

データを持ってサービスセンターで診てもらう予定です。

 

ここからα7RIIIのレンズを超超広角Voigtländer Ultra Wide-Heliar 12mm Aspherical IIに付け替えて、手持ちに参戦。

DSC2364 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2370 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2383 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2426 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

フィナーレは全員参加で「波乗りジョニー」。こんな時も各ボーカルをトリビュートして歌うのが楽しいです。

DSC2472 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2492 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2514 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2525 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2539 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2545 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

DSC2575 第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。

12mm、広い!直線は直線に写り、像の流れもほとんど無し。周辺は歪みますが足長効果抜群(^_^

F5.6でも被写界深度が極端に赤く、1mに合わせればパンフォーカスです。最後の集合写真だけはF8まで絞っています。

小さく軽いのも楽です。

EOS用にシグマの14mm F1.8も良いけれど大きすぎるので、やはりEF14mm F2.8L USMか・・・高いなあ。

 

この記事は2018/03/04に公開され、13 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

第8回邦楽トリバンフェスティバル、その2。 - ぽちろぐ EOS R6II・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ, All Rights Reserved.