EOS RをRAW現像してみると実に素直な絵が出てきた。

EOS RをRAW現像してみると実に素直な絵が出てきた。

DNG Converterがバージョン11.0でEOS Rに対応したので、早速RAW現像してみました。

これまでJPEG+RAWで撮影したもののJPEGをリサイズしてアップしていましたので、ほぼ同じ写真ばかりです。

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

そもそもキヤノンのJPEGをアップしたのは久しぶりでしたが、評判通りかなりメリハリのある加工をしているのですね。

対してRAWは実に素直です。

EOS 6D Mark IIのRAWよりもスッキリしてるんじゃないかなあ?黒〜白まで、たっぷりと階調がありますね。「ついにSONY並みだ!」と言えるほどではないでしょうが、十分に満足のいく絵です。

うちのマックはMac mini LATE2012モデルでOS X10.11.6、実はDNG Converter 11.0は動かないのです。「当分RAW現像はおあずけか〜」と思っていたのですが、ハタと気づきました。

「Parallels DesktopのWindows 10で現像すればいいじゃん!」

CR3→DNG変換した.dngファイルをLightroom 6に読み込んで、無事に現像できました。

しばらくはこれでいいかあ?

 

この記事は2018/10/31に公開され、2,460 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

EOS RをRAW現像してみると実に素直な絵が出てきた。 EOS R3・R5・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2018 All Rights Reserved.