iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

iPhone 11 Product RED 128GB届きました!2019年9月20日発売日、午前10時前にクロネコヤマトで。

IMG 4922 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

IMG 4923 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

IMG 4924 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

ケースを付けるとみえなくなってしまいますが、赤です。REDです!

IMG 4925 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

「装甲騎兵ボトムズ」と話題になった11 Proの三眼カメラではなく二眼ですが、スタンダードモデルながら単眼ではなくなりました。

IMG 4926 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

例によって必要最低限の付属品です。

IMG 4927 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

近いうちにもっと良い物が出るであろうことを期待して、触り心地・丈夫さ・価格で選んだケースです。ヨドバシカメラで2000円少々。もちろん液晶保護フィルムもすぐに貼りました。

起動するとApplleマークが表示されます。

IMG 4928 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

IMG 4929 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

IMG 4930 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

IMG 4931 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

「以前のiPhoneから情報を送りますか?」と聞いてくるので、近くに置きます。

IMG 4932 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

古いiPhoneのロックを外します。

IMG 4933 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

左の古いiPhone 7で右のiPhone 11のモニョモニョした模様を読み取ると転送開始です。「45分程度」と表示されますが、その間は近くに置いておかないといけません。えーと・・・かったるい!!!!!!

iTunesでバックアップ

iPhoneさえあればアカウント・アプリ等すべて移行できるのは良いのですが、いかんせん遅い!

ということで、Mac miniのiTunesにlightningケーブルで接続し、バックアップ〜「iPhone(2019/09/20)」として設定、を使うことにしました。

  • Mac(Windowsでも可)に旧iPhoneを接続してバックアップします。その際に「暗号化」をチェックしておきます。
  • バックアップが完了したらiPhone 11を接続します。
  • 今日はここでiTunesのアップデートがインストールされ、iTunesを再起動する必要がありました。
  • 再度iPhone 11を接続します。すると「新しいiPhoneとして設定」「バックアップから設定」の2つを選べます。最新のバックアップを確認して、バックアップから設定します。
  • 私は6000枚の写真、1795曲の音楽があるため、転送に30分ほどかかりました。
  • 古いiPhoneの電源を切ってSIMカードを抜き、やはり電源を切ったiPhone 11に挿入します。
  • 自動的にdocomo(契約各社)からSIM設定に関する案内が届くので、従って設定します。

これだけ!

次に細かい注意点を述べます。

docomo SIMの設定案内が分かりにくい!

IMG 5401 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

メッセージ内のリンクをクリックすると、このページが表示されます。STEP1の右下に小さくリンクボタンが表示されていますね。これがボタンになっています。

「通信速度回復」ページもそうですが、docomoの案内は全て「一目で分かるデザイン」がされていませんね。STEP1全体をボタンらしいデザインにすれば済むことなのに。文章も「新しいiPhoneのご利用開始時には・・」と、本筋とは関係無い話で始まっています。まるでこの案内でApple IDが設定できるかのような・・???

この分かりにくいボタンを押すと

IMG 5404 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

メール設定用プロファイルのダウンロードに関する案内に飛びます。

IMG 5403 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

めげずに設定します。

プロファイルをダウンロードすると「いらないアプリがいっぱい」インストールされますので、全て削除しました。

IMG 5402 iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。

電源を切る。

iPhone Xユーザーには当然のことかもしれませんが、電源ボタンの割り当てがiPhone 7とは変わっています。電源ボタンを長押しするとSiriが起動してしまいます。

完全に電源を切るには音量ボタンと電源ボタンを同時に長押しします。音量ボタンは上下どちらでもかまいません。

スクリーンショットを撮る。

ホームボタン+電源ボタンだったスクリーンショット。ホームボタン無いじゃん!

ということで、こちらも電源ボタン+音量ボタン(上)の同時押しになりました。

オーセンティフィケーターアプリ。

二段階認証に必要なアプリです。これが少々分かりにくいので、後ほど詳しく解説します。

以降、加筆します。

iTunesを使った以降に失敗する場合

かみさんが私の11を見て「私のは6Sだから私も買う!」と。意気揚々とiTunesに接続してバックアップ、レストアしました。

しかし全ての設定後、アプリを読み込んでくれません!

待機中、途中まで読み込んで止まる、グレーアウトのまま・・・。特に、すぐに使いたかったLINEは致命的でした。60%ほども読み込んだところで停止して、ウンともスンとも言いません。

試したこと。

  • 電源を切って再度立ち上げる。
  • wifiを切って接続し直す。
  • 別のwifiに接続する。
  • ちょうどiOS13.1が出たのでアップデートする。
  • iPhone 6Sからバックアップし直す。
  • iPhone 11を「復元」して全てやり直す。
  • iCloudからログアウト、ログインし直す。

全部ダメです。

逆に、新しいアプリのインストールは難なくできてしまいました。iCloud・Appleアカウントとの接続が不良ですね。

頭を抱えていましたが、最初に書いた「古いiPhoneを近くに置いて転送する」を試すとアッサリとできてしまいました。なんだそりゃ?!

iTunesでのAppleアカウントの引き継ぎにバグがあるとしか思えませんね。

これから機種変更される方はご注意ください。

この記事は2019/09/20に公開され、101 views読まれました。

     iPhone   

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

iPhone 11の設定はiTunesを使って30分。 - ぽちろぐ EOS R6II・R10・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ, All Rights Reserved.