スマッチ初心者が挑戦するApple Watch Series 3。

スマッチ初心者が挑戦するApple Watch Series 3。

ガジェット大好きのぽちろぐですが、これまでApple Watchに手を出さず、正直「何でみんな使ってるの?」ぐらいに思っていました。

しかしウェアラブルの方向性としては「アリなんじゃね?」という状況になったので、いまさらながらのApple Watch Series 3を導入してみました。もしかするとすぐに使わなくなるかもしれないし、安いんですもの。2022年3月初旬で22000円、そろそろ終売という噂です。

これまで買わなかった理由。

  • 時計のくせに18時間と、バッテリーが1日保たない。
  • 依存すると他の時計を選べなくなる。ファッションに制限がかかる。
  • でかい、厚い。結果、ダサい。
  • エクセサイズやフィットネス、ヘルス管理に興味が無いのでコレといった使い道が思いつかない。
  • 気に入ったベルトが無い。
  • 高い(Apple Watch Series 3なら38mmモデルがヨドバシカメラで22,800円+684pt)。
  • スイカ他、ウォレットのiPhoneとの共用制限。

導入した理由。

あまりにもみんなが使っているから。これほど普及しているなら何かあるのだろう、試してみるか、ということで。

期待することは

  • iPhoneで音楽を聴く時のリモコンとして。
  • 時計でマップを見てみたい。
  • 電話やLINE、メッセンジャーの着信通知。
  • LINEの友人追加QRコード表示。
  • 写真の閲覧。
  • スーツに合わせる可能性があるか探りたい。

ものの見事に、ヘルスケアの予定が無いや(^_^;

なぜ「3」か?

以下、最新の7との主要部分の比較です。

  • ディスプレイ:7は「常時表示Retinaディスプレイ」396 x 484ピクセル1.7mmの縁幅、3は「Retinaディスプレイ」312 x 390ピクセル4.5mmの縁幅。
  • 耐水性能:50m防水で同じ。
  • バッテリー:18時間で同じ。
  • 使えるアプリ:ハードウェアに依存しない部分はほぼ同じ。
  • 価格:7は48800円〜。セルラーモデルはもっと高い。3は22800円〜。GPSモデルのみ。

ハードウェア依存のアプリはヘルス関連がほとんど(全部)です。ディスプレスはかなり大きな差異がありますが、どうせ老眼で眼鏡を外さないと読めないので、大きな問題にはならなかろうと判断。

お試しには最安の3でOKです。外径が一番小さい38mmというのも◎。

初期設定。

  • Apple Watchを充電。
  • iPhoneにWatchアプリをインストール。
  • iPhoneでWatchアプリを起動して指示に従って同期します。
  • 基本的に全ての設定はiPhoneで行います。Apple Watchを一所懸命いじってもダメです。

アプリ。

とりあえずLINEの着信を知りたい!ということで、以下のアプリを入れました。

  • LINE
  • PASMO
  • Yahoo!天気

LINEはQRコードを表示してそれをiPhoneで読むという独特なログイン方法です。

Suicaは(iPhoneとは別のカードを)入れようとするとエラーになってしまうため、PASMOをお試しで1000円入れてみました。これなら「Apple WatchにSuicaを入れちゃったからiPhoneで使えない!」ということがありません。

Googleマップは地図表示ができず、経路案内のみなので魅力薄。

各種設定。

  • 好きな文字盤を選びます。
  • iPhone側で「Apple Watchでロック解除」を設定します。

案外とやることが無い・・・Dockで使わないアプリを非表示にしたいのですが、標準アプリのほとんどが非表示できません。アクティビティ・ワークアウト・世界時計、使わない者にとっては邪魔なだけなんですけど?

問題点。

  • メモアプリが無い。表示もできない。
  • ウェブブラウザが無い。ピクセル数が少なすぎてまともに表示できるはずはありませんが。
  • キーボード入力ができない?
  • ロック設定をしないとウォレット(PASMO)を設定できない。ロック解除はパスコード入力かiPhoneのロック解除のみ。iPhoneをロック解除するならiPhone使うってば。Apple Watchこそ顔認証が必要な気がする。→追記

追記:Apple Watchのロック解除について誤解してた。

「こんな小さなテンキーでロック解除なんて、いちいちやってらんねーよ!」と思っていました。大きな誤解でした。

手首に装着時、最初にロック解除すると装着中はロック解除された状態です。いや、そーだよね(^_^; 装着状態であることはApple Watchが認識できるわけだから、iPhoneみたいに「他の人が勝手に触る」ことはありえないものね。

理解。

要は、Pull(データを取りに行く)ではなく、Push(データが通知される)&データ蓄積に使うデバイスなんだなあ、と。

能動的に「Apple Watchをいじって◎◎をやるぞー!」という代物ではないのですね。自分の居場所をマップで調べるとか、電話やLINEを発信するとか。そんなことをしようとする度に小さなキーボードでパスコードを入力しないといけません。その手間でiPhone取り出せるわ!!

マスク時にiPhoneのロック解除ができるようになったのは、ありがたいです。

ジャケパンに合わせる。

もう一つの課題である「スーツには似合わない」について。

blank

Apple Watch最小38mmにサードパーティのレザーベルトを付けてみました。おや?案外とイケるかも?まだジャケパンでしか試していませんが、近いうちに「勇気を持って」スーツに着けてみようと思います。乞うご期待。

ただしこのベルトは防水・耐水ではありませんので、そこはご注意を。

この記事は2022/03/10に公開され2022/03/27に更新、215 views読まれました。

    2022/03/27   iPhone   ,

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Jpeg画像を添付できます。

スマッチ初心者が挑戦するApple Watch Series 3。 EOS R3・R5・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2022 All Rights Reserved.