さあ、いよいよiPhone 15です。しかし無印には要注意。USB-Cのお話。

さあ、いよいよiPhone 15です。しかし無印には要注意。USB-Cのお話。

日本時間2023年9月12〜13日の深夜、iPhone 15が発表されました。同時にApple Watch Series 9/ULTRA 2も発表されましたが、こちらはぽちろぐの「時計の使い道」に合わなかったので、まあいいか。

仕様比較

ざっくりまとめると

iPhone 15 Pro

  • 新型プロセッサA17 Proで高速化。
  • 24MPの3眼カメラ。JpegではなくProRAWでは48MPで撮影可能。
  • メインレンズは24mmレンズ。
  • フルサイズ換算12MP77mmの光学望遠レンズ。
  • 3倍光学ズーム。
  • 12MPの13mm超広角レンズ。
  • 第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正。
  • 画像撮影フォーマットはHEIFとJPEG、DNG。
  • チタニウム外装で軽量化。
  • 画面は6.1インチ。
  • サイレントスイッチがアクションボタンに変更。
  • USB-C※。
  • iOS 17。
  • 128、256、512GBと1TBモデル。

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15 Proに加えて

  • フルサイズ換算12MP120mmの光学望遠レンズ。
  • 5倍光学ズーム。
  • 画面は6.7インチ。
  • 256、512GBと1TBモデル。

iPhone 15(無印)

  • プロセッサはA16。
  • 24MPの2眼カメラ。JpegではなくProRAWでは48MPで撮影可能。
  • 基本は26mmレンズ。
  • 12MPの2倍望遠(クアッドピクセルセンサーを活用):52mm。
  • 12MPの13mm超広角レンズ。
  • センサーシフト光学式手ぶれ補正。
  • 画像撮影フォーマットはHEIFとJPEG。
  • 画面は6.1インチ。
  • USB-C※。
  • iOS 17。
  • 128、256、512GBモデル。

iPhone 15 Plus

iPhone 15(無印)に加えて

  • 画面は6.7インチ。

iPhone 15 Proは画面サイズによってけっこうな違いがありますね。特に120mm望遠レンズに魅力を感じる人は、Max一択でしょう。

対してiPhone 15(無印)とPlusは画面サイズ以外に差が無いように思います。

問題はUSB-C

大々的にフューチャーされているUSB-C(アップル用語で、USB Type-Cのこと)ですが、大問題があります。わざわざ表だって書いてはいないのですが、

iPhone 15 Pro

スクリーンショット 2023 09 13 11.05.02 さあ、いよいよiPhone 15です。しかし無印には要注意。USB-Cのお話。

iPhone 15とiPhone 15 Plus

スクリーンショット 2023 09 13 11.07.10 さあ、いよいよiPhone 15です。しかし無印には要注意。USB-Cのお話。

せっかくのUSB-Cなのに無印とPlusはlightningコネクタと同じUSB 2レベル(マウスやキーボードやプリンタ接続に使われる)の転送速度なのです。これは「仕様表」をよく読んで初めて分かります。

https://www.apple.com/jp/iphone-15-pro/specs/

https://www.apple.com/jp/iphone-15/specs/

スクリーンショット 2023 09 13 11.06.47 さあ、いよいよiPhone 15です。しかし無印には要注意。USB-Cのお話。

iPhone(無印)でこれだけUSB-Cをアピールしていて、それでいて転送速度は従来と変わらない・・・というのは、ユーザーの知識不足を前提にした優良誤認誘導とも思える表示ですね。

そもそもUSB-Cというのはコネクタ形状を主にした仕様です。速度はUSB2、USB3、4とあります。同様にUSB Type-Aにも2.0対応、3.0対応があります。さらに分かりにくいのは

  • USB-CコネクタのThunderbolt。
  • USB-CコネクタのDisplayPort。

もあること。そもそもUSBとは違う仕様の接続方式にUSB-Cコネクタが採用されているのです。

iPhone 15(無印)で採用されているのは転送速度USB2対応のUSB-Cコネクタです。

バックアップや写真アルバム/ミュージック(iTunes)の同期にPCとの有線接続(lightningケーブル)を使用している場合、iTunes 15(無印)/Plusでは高速化されません。

なぜこのような仕様にして自社製品を貶めたのか、ちょっと謎ですね。USB2相当にすることで安くしている・・とは思えないのですが。

価格

ちょっと上がりました。10万円超えした時点で「スマホに10万!?」となりましたので、もう20万円にもなろうかという現在、5000〜1万円の値上がりはあまり驚きません(^_^;

ぽちろぐの使い方では

iPhone 15 Pro Max 512GBモデル219,800円

がベストと思われます。

さすがにiPhone 11(無印)128GBでは容量も足りず、転送速度の遅さも気になってきたので買い換え時かしら?カメラも、DNG(RAW)が使えるとなるとちょっと魅力的です。

Maxを選ぶのは120mm望遠もありますが、老眼に少しでも優しいからです(^_^;

この記事は2023/09/13に公開され、368 views読まれました。

     iPhone   , ,

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

さあ、いよいよiPhone 15です。しかし無印には要注意。USB-Cのお話。 - ぽちろぐ EOS R6II・R10・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ, All Rights Reserved.