ぽちろぐ

CP+2019速報。EOS RPゴールド・S1シリーズ・GR III・コンパニオン!

この記事は2019/02/28に公開され、1,011回読まれました。

      カメラ   , , , ,    ぽち

雨の降る月末、そりゃあ大渋滞の中をパシフィコ横浜CP+2019に行ってきました。

初回から行っているけど、何回めだろう?

今回のお目当てはEOS RP。いや実は先日、キヤノン銀座で見てきたので、ゴールドモデルの質感確認が一番です。

EOS RP。

キヤノン公式サイトやデジカメWatchではボディがかなり黒く写っていましたが、茶・ブラウンですよ。遠めにはシルバー&黒に見えます。「ゴールド欲しい!」と思っていましたが、価格と付属品(不要)を考えると、ちょっと悩みます。

意外だったのは開発発表したばかりの6レンズが、ケース内とはいえ展示されていたこと。

うわー、サイズ感確認だけで良いので触りたかったなあ。

RF24-240mm F4-6.3 IS USMは明らかにRF85mm F1.2L USMよりも小ぶりです。キヤノン初の10倍ズーム、期待大です。

85mm DSも楽しみですね。価格次第ですが、とろけれるようなボケは何物にも代えがたいです。FD時代にソフトフォーカスはありましたが、こちらはボケだけをなめらかにするタイプです。F1.2なので、実効的な明るさが落ちても明るいですね。

ところでEOS RP、EOS Rと比べて機能面でほとんど遜色ありません。画素数?3000万画素と2600万画素では誤差の範囲だし。バッテリーの保ちは大きく違いそうですが。

つまり単純に「軽いEOS R」として使えそうです。素晴らしい!

問題は、似合うレンズがまだ無いことですね。キットレンズはRF35mm F1.8 マクロ STMとなっていますが、あれでも大きすぎます。素晴らしいレンズですが、RPに付けると大きすぎます。早いところ28〜45mmくらいのパンケーキを出して欲しいものです。

3月14日発売とのこと。。。予約はしないけれど、買うかなあ?EOS Rと遜色ないってことは、EOS Rを持っているポチには不要かもしんない。

28mmパンケーキとRPなんて、小さくて軽くて、もろにライカQと対抗wって、価格も重厚感もまるで違いますが。リコーGR IIIと良い勝負になるのでは(^_^?

ということでGR III。

「レンスポンス命」のポチとしては、これまでのGRは「こんなトロいカメラ使えるか!」だったのですが、サイズ感・写りの良さは気になっていました。

GR IIIは、

  • 電源ボタンを押してからの反応が抜群!
  • 電動沈胴レンズがスッと出てくる。
  • ダイヤル他の操作に対する反応が俊敏。
  • AFが速い。
  • デモ機で表示されていた水準器の表示が秀逸。

いや、これたまらんカメラです。28mm単焦点はスナップで使いやすいし。35mmとどちらが良いかは好み次第です。あとは慣れ。

3月15日発売。問題は121,500円の価格。GR IIが6万円台なのに。GRはほとんど値落ちしないし、予約しないと当分買えないだろうことも予測され。

いいなあ、コレ!!!

S1/S1R。

もう一つの目玉はLマウントアライアンスで実機を出してきたパナソニック、LUMIX S1シリーズですね。

メッチャでかいです。EOS RPの後で触ると、重いしでかいし、ボタンとダイヤルいっぱいだし。テクノロジー満載感満々です。

すごかったのはAFです。ルミックスは「空間認識:DFD」という、コントラストAFを突き詰めてるんですね。「何をどう認識しているか」が超高解像度のEVFに高速で表示されます。AF自体も爆速です。

すごいなあ、でかいだけのことはあるなあ。問題はでかすぎることなんですが。

価格的にもポチには無用ですが、画質をつきつめる人向けなんだろうなあと思いました。

これだけ大きいと振り回して使うには辛いし、でもAF爆速なのでポートレートや動体撮影に使えるし。S1シリーズの機材一式持って移動とか、辛そうですもの。あえてS1を選ぶ人の顔が見えないなあ。

モデル撮影のコマーシャルフォト専用マシン!?それならしっくりきますね。

ライカLレンズ「も」使える、超高級マシンという感じでした。

面白かった物。

LAOWAのAPS-C用9mmゼロ・ディストーション。初めて実物を見たのですが、小さい!EOS Kiss Mに付けると14.4mm相当になります。ビデオ撮影で使ってみたいなあと、ちょっと気になっています。

胸に着るボダンチョッキみたいなヤツ。もともとは手榴弾等をぶら下げるための仕様らいしのですが、そこにレンズポーチ等を取り付けられます。フイッシャーマンズヴェストを想像すると近いかも?

カメラ構える時に邪魔になりそうですが、機材を素早く入れ替えるには良いですね。

ストラップいろいろ。まだまだ見たことの無いストラップがいっぱいありますね。

ツァイスのZX-1。本当に発売するのかな?仕様的にも価格的にも、遅れるほど売れない気がします。もっと単純なカメラにすればいいのに。

「10年前・2009年のカメラ」というタイトルで、飾られていたのがリコーGXR!うわー「最近のカメラ」の部類ですよ、コレw遂に後継機は出ませんでしたね(^_^;

そのお隣は、パチ物臭いミッキーマウスです。ライセンス商品なのかなあ?

いつものミスド!

お姉さん。

大変残念なことに、コンパニオンやモデルのお姉さんが激減した気がします。なので、会場内の男性率高めです。来場者は女性も増えているのですがねえ。

残念ながら用事が入ってしまい、駆け足で退散。

そうそう、いつもの1階喫煙所が「主催者の意向」で閉鎖されていました。中古カメラ市の方のベランダの喫煙所は活きていますよ。

 

twitter facebook instagram

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CP+2019速報。EOS RPゴールド・S1シリーズ・GR III・コンパニオン! EOS R・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2019 All Rights Reserved.