EOS Rがファームウェアアップデートでついにサーボ瞳AFに対応、実写テスト。 | ぽちろぐ
ぽちろぐ

EOS Rがファームウェアアップデートでついにサーボ瞳AFに対応、実写テスト。

この記事は2019/04/19に公開され、674回読まれました。

2019年4月18日、EOS Rのファームウェアが1.20にバージョンアップされ、サーボAFでの瞳AFに対応しました。

  • 下記で使用OSを選んで新しいファームウェアをダウンロードします。
    https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eosr-firm.html
  • EOS RでフォーマットしたSDカードに、ダウンロード・解凍したファームウェアをコピーします。
    SDカードのトップディレクトリにEOSR0120.FIRを直接コピーします。解凍してできたフォルダを入れないように注意しましょう。
  • SDカードをカメラに挿入し、EOS Rのメニューで「ファームウェア」を選び指示に従います。
  • 約10分でアップデートは完了します。
  • 完了後は一度電源を切り、再起動した方が良いかもしれません。

ファームウェアアップデート中は、とにかくカメラに触らない!安全な場所に放置しましょう。アップデート中に電源切ったり落としたり・・エライ目にあった話を聞いたことがありますよ。

さてさて、試してみないと!ということで、アヤにお願いしました。

レンズはEF50mm F1.8 STM。AvモードでF1.8開放設定。サーボAF・瞳AF、高速連写です。

  • 感覚的には秒間3〜4コマです。
  • これ以上離れると瞳AFではなく顔認識AFが多くなってしまいます。
  • AF枠は瞳に張り付いて快適ですが、拡大して見るとメガネフレームにピントが合っているコマもあります。

こちらはRF35mm F1.8 IS STMです。

やはり顔認識が混ざりますが、EF50mm F1.8 STMよりもピントがずれることはないようです。あと、ボケ味が良いわー!

  • 画面の端の方でもちゃんと瞳AFが効くので、フレーミングが自由ですね。素晴らしい!ポートレイトで存分に威力を発揮してくれそうです。
  • 標準系のレンズではバストアップぐらいまで寄らないと、開放でも顔認識で足りてしまいそうです。
  • 晴天下ではISO200でも開放ではシャッタースピードが上限を超えてしまいます。ISO50の出番が増えそうです。
  • やはりNDフィルターも用意しておいた方が良いかも?

気のせいかもしれませんが、犬の瞳にも食いつくようになったように思います。

いや、気のせいだろうなあ(^_^;

これならRF50mm F1.2L USMでも十分に使えると思うので、、、、欲しいなあ(^_^

twitter facebook instagram

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

EOS Rがファームウェアアップデートでついにサーボ瞳AFに対応、実写テスト。 EOS R・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2019 All Rights Reserved.