春をオールドレンズ:ヤシコン・ツァイスPlanar T* 1.4/50で撮ってみました。 | ぽちろぐ

春をオールドレンズ:ヤシコン・ツァイスPlanar T* 1.4/50で撮ってみました。

この記事は2019/04/09に公開され、320回読まれました。

EOS RにYC-Rマウントアダプターを付けて、古いヤシカ・コンタックス時代のツァイス・プラナー50mm F1.4 T*で撮影してみました。レンズには社外品の55mmレンズフードを取り付けてあります。

ああ、春だ(^_^

どんどん、F1.4開放で。

練馬はやはり寒いのかなあ?葉桜も多いですが、まだしっかりと満開の桜もあります。

 

サトザクラが咲き始めています。これからしばらくは楽しめます。ソメイヨシノに比べてボッテリとして艶っぽいです。

お花ではありませんが、黄色い車って春っぽいです。いや、単に好きなだけです(^_^; 新しい車を買うなら黄色か赤だなあ。SUVの派手な色は魅力的です。

さてさて、オールドレンズ。

  • 開放でのボケはザワザワしています。
  • ハイライトは飛びます。
  • ピント面も拡大して見ると、うっすらとハレが出ています。
  • 解像度は低く思えます。

こちらはF5.6に絞って撮りました。

いきなり表現が硬くなります。

撮る物によりますが、良さも悪さも開放での描写を楽しむのが吉ですね。

いつものライブ撮影は

  • F5.6以上に絞って、激しく動くダンサーをある程度被写界深度に入れる。
  • 最低1/250秒以上のシャッタースピードで動きを止める。それでも手足の先はブレたりする。

と、ボケ味とかレンズの味とか言っていられない状況なので、せめてオールドレンズは大きなボケもクセも楽しみたいものです。

Planarはオールドレンズの中でもクセは少ない方です。F2.8と単焦点としては明るくもないDomiplan(三枚玉)や、ダビデの星のLZOS INDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8なんてとんでもないクセ玉ですからね。それでも開放で撮るといかにもオールドレンズ臭い。

レンズの本数は最低限にしたいけれど、見ればアレもコレも欲しくなって困ります(^_^;

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

春をオールドレンズ:ヤシコン・ツァイスPlanar T* 1.4/50で撮ってみました。 EOS R・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2019 All Rights Reserved.