ぽちろぐ

EOS R+RF24-105mm F4L IS USM最初の試写。

この記事は2018/10/26に公開され、315回読まれました。

使い勝手、設定の試行錯誤ばかりしていても仕方ないので、まずはJPEG撮って出しです。RAW現像体制が整っていないため、RAW+JPEG L FINEで撮影したJPEGを長辺1200pxにリサイズしています。

撮って出し

ソニーα7で話題になっている「動物の瞳AF」には、さすがに対応していません。

RF24-105mm F4L IS USMの最短撮影距離はこのぐらい。

金属の質感を出すにはもう少し暗めですね。RAW現像だともっと追い込めるのですが(^_^;

撮った日も天気も違うのでなとも、ですが。上がEOS R、下がα7RIIIです。これだけ見たらα7RIIIの圧勝ですね(^_^;

ピクセル等倍で見ると解像感がすごいです。

一眼レフは苦手な空の写真。ミラーレスであることのメリットを強く感じるシーンです。

陽当たりの悪い場所では柔らかい色になりますね。

以前EF24-105mm F4L IS USM(初代)を使っていた時は「便利だけど、ズームの画質はこんなものかあ」と思ったものですが、これならボケもキレイだし。

暗部は潰れていますが、ハイライト部分は意図通りに撮れました。

18時を過ぎていたので真っ暗でした。この写りは好きだなあ。

谷根千をそぞろ歩き、真っ暗ですが高感度と手振れ補正でけっこう撮れます。

この店行ってみたい(^_^;

ここは以前から入ってみたい店。ちょうど飯時に通らないものでチャンスがありません。

望遠端が105mmあると、店の外から盗撮(w)しても大きく撮れます。ボケがキレイだと空気感のようなものを感じますね。

なんでこんなにガチャガチャしているんだろう?といつも不思議な駅。

こちらも真っ暗&ハイライト。

暗いけれどF8まで絞って、肘を台に乗せて固定して撮りました。

こちらは露出補正をもう少しプラスにすべきでした。

半日持ち歩いた感想

  • 意外に重い!EOS Kiss Mとはまったくの別物。「ミラーレスだから軽くて楽〜」と言うには厳しい重さです。
  • 構えた感触はまさにEOS。
  • 電源オンで歩いていると、背面液晶モニターあたりから時々「ピッピッ」という音が聞こえる気がします。タッチ&ドラッグAF?
  • 左肩の電源スイッチは、慣れればこまめにオンオフできます。慣れれば。
  • LP-E6互換バッテリー使えました。
  • EFマウントに比べてRFマウントはきつめに思います。
  • EVFはOVFとの違和感が「まったく」ありません。これが最大の収穫!歪みも遅延も感じず、眼鏡をかけていても楽々全部が見渡せて、しかも大きい。接眼部レンズもEOS 6D Mark IIと比べて一回り大きく見えます。
  • EVF・モニター自動切り替えは反応上々。
  • タッチ&ドラッグAFの反応は、EOS Kiss Mと同等に感じます。ストレートに反応するというよりも、捕まえた被写体をなかなか離さない感じ。もう少し調整できるといいなあ。
  • 背面ダイヤルには露出補正を割り当てましたが、操作感は上々です。
  • タッチバーにはモニター拡大を割り当てましたが、顔優先AFでは動作しません。
  • 水準器は顔優先AFでは表示できません。これはEOS Kiss Mも同様なのですが、何の縛りなんでしょうね?改善して欲しいです。
  • AFの自動選択復帰ボタンは、どこに設定すべきか迷っています。
  • その他のボタン操作については、まだまだこれから追い込みが必要です。
  • SDカードと電池室の蓋は、やはりこれじゃないと!
  • コントロールリングは使いませんでした。
  • RF24-105mm F4L IS USMのフォーカスリングとズームリングがくっついているデザインには違和感があります。
  • ザッと撮ってみて一番感じたことは「レンズが素晴らしい!」ということでした。
  • ボディ本体は、撮影中はこれまでのEOSとの違和感を感じませんでした。
  • 半日、ポチポチと撮り歩く程度では、バッテリーの保ち具合は分かりませんでした。全然減らないんですもの。

さて。

本命の「瞳AF」をガッツリと試してきます。

シグマ85mm F1.4 Artでどの程度イケるでしょうか?楽しみです。

 

twitter facebook instagram

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

EOS R+RF24-105mm F4L IS USM最初の試写。 - ぽちろぐ EOS R・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2018 All Rights Reserved.