大量機材も安全に運べる、夏の撮影紀行に最適な大容量カメラバッグ。

大量機材も安全に運べる、夏の撮影紀行に最適な大容量カメラバッグ。

この記事は2020/07/19に公開され、40回読まれました。

昨日までの寒さが嘘のような快晴、気温よりも日射しが厳しい日ですね。

またまたK&F Conceptさんから新型カメラバッグ(バックパックタイプ)の案内がありました。コレ、ハードユースに最適です。

大容量20Lです。

ぽちろぐでライブ撮影をする時の機材はだいたい以下の通り。

  • EOS R+RF24-240mm F4-7.1 IS STM
  • EOS RP+EF16-35mm F4L IS USM
  • 念のためRF35mm F1.8 STMマクロ
  • 念のためGR III
  • メモリーカード
  • 予備バッテリー4個ぐらい
  • ストロボ2台
  • 場合によっては三脚取り付け用アクセサリーシュー
  • モバイルバッテリー・ケーブル
  • 三脚
  • 着がえ・タオル・帽子・名刺他

EOS R5を予約したのでこの構成も変わると思いますが・・。RF16-35も早くRF15-35にしたいなあ。F2.8は高すぎ/重すぎなので小三元F4を待ちます。

こいつらを運ぶ時に困るのがバッグです。カメラだけなら良いのですが、着替えが必須。小物も多いし。一日撮影となると歯ブラシや飴玉とか色々と。飲み物(ビールとか)も必要になったりしますしね(^_^

で。

全部入って余裕があります。

しかも上のクルクルを伸ばすと、容量が10%増加するそうです。そこまで使うことはなかなか無いと思いますが、余裕があるのはありがたいです。

三脚は脚を挿してベルト留めします。安定感抜群です。ぽちろぐがいつも苦労しているところなので、とても嬉しいです。

仕切り・小物入れが充実しています。

内部にはノートパソコン用のポケットがあり、別にクッション性がある仕切り板が付属しています。

カメラアクセサリー専門メーカーだけあって、実用的な小物スペースも豊富です。

後方下部に大きめのポケット。

左サイドには取っ手付きのジッパー。片手で両サイドのジッパーを下ろせるので素早く中にアクセスできます。

蓋の裏にはメモリーカードとバッテリー入れ。気が利いています。

防水です。

生地は900Dナイロンで防水。ジッパー取り付け布もナイロン引きの防水加工がされています。

それにしてもいちいち「開けやすい工夫」がされているのは、現場を知っているなあ。

サイドの蓋も、開けやすく・かつ防水です。

こちらは開け閉めしやすい状態。

こちらは上からの水を防ぐ状態。

なにもかも「素早くかんたんに操作できる」ように設計されていますね。

さらにレインカバーが付いているので、急な大雨にもある程度対処できます。

装着感。

長時間の移動時には前ベルトでしっかりと固定できます。

さらに背中にはクッションがあり、アタリが大変やさしくなっています。

このクッションは通気性があるため、暑い日も安心です。

デザイン。

緑と黒の迷彩柄ですが落ち着いた色調で「アーミー・アーミー」していません。オレンジの差し色も穏やかです。

ふだん使いにはさすがに大柄ですが、いかにも「カメラマン!」という風体にはならなそうです。

公式サイト・Amazonでどうぞ。

例によって10%オフコードをいただきました。夏に向けてぜひどうぞ!

公式サイト

コード10%オフ:KFJP10
コード利用可能時間:2020.3.24〜2020..12.31

アマゾン

5%オフコード:JH7QRDGN
コード利用可能時間:2020.7.13〜2020.8.31

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

大量機材も安全に運べる、夏の撮影紀行に最適な大容量カメラバッグ。 EOS R・EOS Kiss M・α7RIIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2020 All Rights Reserved.