5000円以下で買えるK&F ConceptのLEDビデオライトパネル。

5000円以下で買えるK&F ConceptのLEDビデオライトパネル。

K&F Conceptからまたまたいただきました、スチル・ビデオに使える色温度と光量可変のLEDライトです。

商品名は「スタジオまたは屋外の照明用のLEDカメラビデオカメラビデオライトパネル2800Kから6000Kの可変色温度」。

いやはや「もう少し正しい日本語にしましょうよ」と翻訳を提案したことがあるのですが、コストが見合わずお流れになりました。せっかくの良い商品がいきなり怪しく見えちゃいます(^_^; 本当は低価格で真っ当な品質の商品を色々と出しているメーカーなんですよ。

開封。

安心のK&F Conceptカラーのパッケージです。

blank

まずは本体差が鎮座しています。

blank

本体を取り出した下にはフル装備のアクセサリーが収まっています。まずは目立つ三脚から。

blank

blank

脚は延長でき、簡易なロックが付いています。本体重量を考えると十分な仕様です。

blank

アクセサリーシュー取付用アダプター。爪部分に本体を差し込み、ネジ留めします。操作性に戸惑うことはありません。

blank

もう一つのアダプター・・・こちらは本商品を2台繋げるのに使います。1台だけ使う分には不要。

blank

バッテリーはたぶんリチウムイオン。大きさからして十分な容量がありそうです。予備バッテリーの別売については確認中。バッテリーチャージャーは残念ながらUSB マイクロBです。今時なのでType-Cだとより良かったです。

本体。

blank

色温度が高い白いLED。

blank

色温度が低い黄色いLED。

2色のLEDが交互に並んで、背面の色温度調整ダイヤルを回すと白と黄色の光量バランスが変化します。

blank

blank

操作性については何の疑問も生じません。外部電源は売ってるのかなあ?これも確認します。

実使用。

ビデオ撮影ならアクセサリーシューに取り付けでしょうが、スチルでは三脚に取り付けて使用することが多いのでしないでしょうか?

光量と使い勝手ではストロボに負けますし、やはりメリットは「定常光を目で見て確認できる」ことに尽きるでしょうからね。三脚への取り付けはちょっと変態チックです。

blank

アクセサリーシュー取付用アダプターを取り付け、それをストロボ台に差し込みます。ストロボ台の下にはネジ穴があるので、それで三脚に取り付けます。LEDライトを使おうという人は、三脚に取り付けるアクセサリーシューぐらい持っているでしょうから、もう少しスッキリした形になります。

さて、実写。

blank

飲み屋で友人を撮っただけですが(^_^;

影の様子を確認しながらライティングできます。

blank

ここではF2.8、1/125秒、ISO5000ですが、最大光量にするとかなりISOを落とせます。しかし眩しいんだ(^_^; 他のお客様もいるので、光量控えめにしておきました。

ライティング機材は大きく重いものと相場が決まっていますが、こちらはそこそこ大きいながらも実に軽量です。しかも大光量!パネル面も大きいまで、テーブルフォトにも最適です。

https://www.kentfaith.co.jp/KF34.012?tracking=5db2b1ddb0de4
コード10%オフ:10kfjp
コード利用可能時間:2021.7.01〜2021.12.31

https://www.amazon.co.jp/dp/B07TBJTB3S
コード10%オフ:2I3MTLT9
コード利用可能時間:2021.7.01~2021.9.30

5000円以下で買える本格LED、ぜひどうぞ。

この記事は2021/07/17に公開され、144 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5000円以下で買えるK&F ConceptのLEDビデオライトパネル。 EOS R5・GR III・α7III・Z fxの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2021 All Rights Reserved.