TTArtisan 50mm F2、小型軽量MFレンズは新品で買えるオールドレンズ。

TTArtisan 50mm F2、小型軽量MFレンズは新品で買えるオールドレンズ。

TTArtisan 50mm F2購入経緯。

最新のオートフォーカスレンズ、描写は素晴らしいしピントは正確だし。ポートレイトではモデルの瞳をバッチリ捕まえてくれるし。常用のRF50mm F1.8 STMといった激安撒き餌レンズ(ちょっと高くなりましたね)ですら、描写になんの不満もないどころか、寄れるしシャープだしコントラストは高いし良いことばかりです。

しかしねえ、便利過ぎて「オレが撮った写真!」よりも「カメラが良くてうまく撮れたぜ!」になっちゃうことがママあります。ライブ撮影や仕事の撮影ならそれでOKなんですが。人間の力では歩留まりが悪すぎるのを救ってくれますからね。

けれど遊び/趣味のスナップではもう少しジックリといきたいのです。それにはマニュアルフォーカスだ!レンズはコンパクトでなければ!

ということで、TTArtisan 50mm F2購入に至る経緯です。

【P2倍+クーポン!マラソン】銘匠光学 TTArtisan 50mm f/2 フルサイズ対応 キヤノンRFマウント ブラック 標準

携帯性を考慮して、小さいMFレンズは?

オールドレンズだからという以上に、マニュアルフォーカスでじっくり撮るから写りも変わってくるんだろうなあ?と、小さいレンズを探してみました。

そこで目に留まったのが銘匠光学TTArtisan 50mm F2です。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2は新品で買えるオールドレンズ

取り扱いは焦点工房です。

https://www.stkb.jp/shopdetail/000000001835/ttartisan_lens/page1/order/

マップカメラの中古なら8500円〜!

50mm F2というのも良い具合、Milvus 50/2M T*と同じです。ただしTTArtisan 50mm F2はMilvus 50/2M T*と違って

  • 最短撮影距離0.5m、あまり寄れません。
  • 電磁絞りではなく、開放測光はできません。

良いところは

  • 小さい。
  • 安い!

小ささは正義ですね。

写りの面で選べばZeiss Milvus 50/2M T*一択(ぽちろぐ調べ)なのですが、大きいし重いし高いし。Milvus 50/2M T*がTTArtisan 50mm F2より二回り大きい程度だったら何も迷わずに購入なのですが・・。

EOS 6D Mark II+Milvus 2/50Mをぶら下げて散策。

TTArtisan 50mm F2試写。

試写してみたところ使い勝手も悪くなく、嫌な二線ボケも無かったのでお迎えしました。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

拡大表示してピントを合わせます。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

派手な周辺減光があります。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

開放F2で「HAL」に合わせています。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

西口から東口のALTAが見えるのには違和感があります。今の時期だけですね。

絞り優先AEは良い具合に働いています。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

走り去る電動キックボードに合焦するようなことは無理。TTArtisan 50mm F2に限らず、EVFで突発的なピント合わせはなかなか厳しいですね。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

今時、席でタバコが吸える貴重なお店。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

たぶん外国人観光客の方が多くなってしまった「思い出横丁」。ぽちろぐ世代だと、先輩に連れられて行った「しょんべん横丁」の方が馴染みある名前です。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

本当に露出は良い雰囲気です。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

上の写真と同位置。手前の草にめいっぱい寄ってみました。小さな虫が見えますか?

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

犬も静止していれば合焦可能。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

花は近づいて撮るので、少しの風でピントがずれててしまいがちです。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

夜景以上に周辺光量落ちが凄い!しかしイヤではないです。マゼンタ?パープルかぶりもありますね。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

こういう色味は得意かも。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

金属の質感。柔らかいですね。TTArtisan 50mm F2、解像度は十分という感じですが、なんか柔らかいです。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

RF50mm F1.8 STMでは撮ろうと思わなかった被写体。

全てRAWで撮影し、Lightroomでストレート現像しました。

一言で言うならば「面白い」です。

今のAFレンズはフォーカスリングとフォーカスの動きが完璧には連動しない(バイワイヤ)のため、マニュアルフォーカスしても気持ちよくないんですね。TTArtisan 50mm F2は価格の割に滑らかなフォーカスが可能です。「粘りのある滑らかな」とまではいきませんが、十分以上にピント合わせの快感が得られます。

オールドレンズ選びで悩んでいる人は、検討候補に挙げてみてはいかがでしょう?

追記

「EOS Rでオールドレンズを使うと画面上半分が暗くなる」

「それはサイレントモードによる電子先膜シャッターが原因」

という記事を読みましたので、TTArtisan 50mm F2はオールドレンズということではありませんがメカシャッターを試してみました。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

あまり関係ないようですね(^_^;

該当記事のカメラはEOS R(無印)だったので、EOS R6 Mark IIとは事情が違うのかもしれませんね。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

この「ちょっと眠い感じ」好きだなあ。F5.6で撮っています。

追記:F8で。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

上半分の減光は、気持ち治まった感じ?いや、気のせいですね。周辺減光は絞ってもほとんど解消しないようです。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

近距離撮影だと、あまり周辺減光は気にならないようです。

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

銘匠光学TTArtisan 50mm F2作例

がんばって犬にピントを合わせてみました。「写真!」っていう感じが良いです。

この記事は2023/09/29に公開され2024/01/26に更新、695 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

TTArtisan 50mm F2、小型軽量MFレンズは新品で買えるオールドレンズ。 - ぽちろぐ EOS R6II・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ, All Rights Reserved.