EOS R5+オールドレンズINDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8スナップ。

EOS R5+オールドレンズINDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8スナップ。

あまりにもRFレンズが高性能で、AFも画面の端まで有効とあって最近はオールドレンズを触ることが減っていました。

冬の朝の光が眩しくきれいなので、久しぶりにINDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8を引っ張り出してお散歩スナップです。

今年は柿がよく生っています。

マニュアルフォーカスを少しいったりきたりすると「フワ〜ッ」と柿の実が立ってきます。

blank

裏の畑が相続で建売になります。100㎡で1億オーバーだそうな。工事も進んできました。

blank

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8の柔らかい色味が好きです。

しかしこのシーンでは少々締まりが悪く、Lightroomでシャドウを落としました。立体感が高くなります。

blank

AFが苦手とする前ボケシーンです。「AFが・・」と考えずに好きにフレーミングできますね。

blank

ランタナ(やっと名前を覚えました)。直射光はINDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8の持ち味が全く活かせないシーンですね(^_^;

メチャクチャ固いイメージです。

blank

半分ほどは収穫されたキウイ。

blank

蛇のように巻き付いているのはゴーヤの茎でしょうか?

INDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8は「ダビデの星」と呼ばれるボケが特長ですが、開放ではもちろん丸いボケとなります。円形が良い具合に乱れて、それでいて柔らかく好きなボケです。

blank

お友達の赤ちゃん(友達の子ではなく、赤ちゃんがお友達)。

人物は拡大表示もせずにピントを合わせるので、瞳にピンが来ているのが10枚中2枚でした。こればかりは老眼なので仕方なく。

たまに使うとオールドレンズ/MFレンズはやはり良いですね。使い心地も、出てくる画も。

この記事は2022/11/25に公開され、35 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

EOS R5+オールドレンズINDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8スナップ。 EOS R3・R5・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2022 All Rights Reserved.