キヤノンEOS R3到着!開梱。

キヤノンEOS R3到着!開梱。

予想を大きく裏切って、キヤノンEOS R3、2021年内に到着しました!

購入はマップカメラ。2021年9月16日の発売日に下取り交換予約するも少々手間取って数分遅れ、発売日に入手することができませんでした。いかに臍を噛んだことか!

巷の噂では「年内入手は不可能」と言われていましたが12月25日深夜、マップカメラマイページを覗くと「在庫確保」の文字が。クリスマスプレゼントじゃないですかー(違う)!

事前に下取りは済ませていたので翌朝サポートに電話して精算手続きを進め、12月27日、発売から1ヶ月遅れで手元にやってきました。

blank

マップカメラの梱包は丁寧で理に適っています。

blank

ボディのみにもかかわらず大きな箱です。ボディが大きいせいもありますが、充電器がメチャメチャでかいのです。箱・緩衝材は全て段ボールで、ボディのみプチプチで包まれています。

blank

blank

早速、事前入手していたLP-E19と同梱のバッテリーを充電します。試しにボディに装着したところ、バッテリーはほぼ空でした。

blank

ボディを取り出したところ。

キヤノンF-1以来の私の記憶には無いのですが、アクセサリーシューカバーが着いています。いや、EOS 5Dは着いてたかなあ?あやふや。いずれにしても、新スタイルのカバーです。プラスチックではなくゴム製で、いかにも防水性が高そうです。

もう一つ、こちらも初めてかな?アイピースが別梱されていました。自分で取り付けます。こちらも品不足を見越して「眼鏡用大型アイピースER-hE」を事前入手しておきました。

 blank

まずは明日テスト撮影に使いたいRF24-70mm F2.8 L IS USMを取り付けて記念撮影です。

blank

操作系はまさしくEOS 1DとR5を混ぜた感じ。R5とはボタン位置もあまり変わらない印象です。

以下、設定しました。

  • 撮影モードはAv。
  • ISOオート。オート範囲を設定。
  • 動物優先AF。瞳AFオン。
  • ホワイトバランスはAWBw(白優先)。
  • 記録形式はRAW(CR3)。ただししばらくはJPEG同時記録します。
  • AFオンボタンをAFエリアダイレクト切り替えに変更。AFエリアは1点周辺とワイドに限定。
  • CFExpressはまだ持っていないので、とりあえずSDカードを挿入・フォーマット。
  • ピークデザインのアンカーリンクスを装着。
  • 背面液晶モニター保護フィルムを買わねば。
  • その他諸々。

さて、メインの視線入力AFのキャリブレーションです。

キヤノンギャラリーで一度試しているので、キャリブレーション操作は慣れたものです。

キャリブレ後、眼鏡をかけた状態で試してみましたが反応は上々です。画面下のF値表示を見るのにも、視線入力ポイント(小さな黄色い○)がついてくるのには思わず笑ってしまいました。

きっと、視線入力AFを信頼できるようになったらこの黄色い○の表示は消すことになるでしょう。

実写はまだありませんが、まずはご報告まで。

試写。

とりあえずJPEG撮って出しです。異様に精細感が高いです。色はキヤノンらしいですね。

blank

blank

blank

blank

blank

blank

blank

RAW現像。

こちらはCR3で撮ったものをLightroomでストレート現像しました。Lightroom、今回は異様に早い対応ですね。

blank

同一カットのJPEG撮って出し。

blank

レンズの自動補正はデフォルトでオンなので、カメラのみの問題として変化を見ることができます。

同じくRAWストレート現像。

blank

同一カットのJPEG。

blank

暗いカットではJPEGで大きく補正されるようですね。

 

この記事は2021/12/27に公開され2022/01/01に更新、306 views読まれました。

    2022/01/01   カメラ   , ,

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

キヤノンEOS R3到着!開梱。 EOS R3・R5・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2021 All Rights Reserved.