EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

ぽちろぐ

【エミリとKiss X7写真教室Vol.0】どんな写真が撮れるかな?

デジイチを買ったら最初に読む記事

「何を買ったら良い?」「カメラ買ったよ〜!どうやったらキレイに撮れる?」と、よく相談されます。

初心者にお勧めするのはデジタル一眼レフ「EOS Kiss X7」と相棒の「EF-S24mm F2.8 STM」です。

問題は「キレイに撮れる?」のキレイの内容です。三脚立ててしっかりピントを合わせて撮れば「キレイ」には撮れますが、そんなことを聞いてるわけじゃないですよね。

  • どうしてもブレる。
  • きれいにボカして撮りたい。
  • 明るく撮りたい。
  • 早い動きの物を撮りたい。
  • 楽しい写真を撮りたい。

「エミリとKiss X7写真教室」では、ダンサーのエミリと一緒にカメラや写真の基礎を学んで「考えて自分なりの楽しい写真が撮れる」ことを目指します。

テーマ機材EOS Kiss X7について

EOS Kiss X7と言えばベストセラーでしかも超安価です。お勧めレンズも、別に買わないとならないとはいえ15000円程度。「こんなに安いのでいいの?」と思われるかもしれません。「もっと高倍率ズームとか・・」。

Kiss X7は現在の基準で見ると低機能かもしれませんが、一眼レフらしいレスポンスの良さを持ち、今でも十分以上に通用する1800万画素ISO12800対応とけっこうすごいヤツなんです。

レンズはフルサイズ換算(後の記事で詳細説明します)40mmと、ちょっと広角寄りの標準レンズ。「撮り方次第で望遠にも広角のようのにも撮れる」レンズです。F2.8とズームレンズに比べれば明るくなっています。

このレンズのポイントは2つ。

パンケーキタイプ(薄い)なのでKiss X7に装着してトータルでとても小さく収まること。いくらボディだけ小さくても鈍重なレンズを付けては、バッグに入りません。もう一つは15cmまで寄れること。

最初に「どんな写真が撮れるか?」を知ろう

まずはEOS Kiss X7とEF-S24mm F2.8 STMだけでどんな写真が撮れるか見てみましょう。

まずはみんな撮ってるテーブルフォト。

_MG_0530

_MG_4631

_MG_6923

犬も。

_MG_4029

_MG_7418

風景は、広々と撮ることもできます。

_MG_3152

_MG_3167

お散歩カメラとして、気になるものをバチリ。

_MG_0949

_MG_7183

こんなに近寄れます。本当はもっと近づけるけど、蝶が逃げちゃいます。

_MG_7444

大きなボケもお手の物です。

_MG_5773

ちょっとアートな感じで。

_MG_6965

Exif情報(これも後の記事で詳細説明)を見てもらうと分かりますが、ちゃんとKiss X7+24mmだけで撮っていますよ。

操作方法を覚えるだけでなく、カメラやレンズの特性・原理を知って使えばいろいろな表現が可能になります。エミリが全面協力してくれることになりましたので、なるべく楽しく覚えて・試しましょう。

エミリ

ダンサーのお姉様。

「写真教室記事を作りたいんだけど、私(ぽち)がモデルじゃつまらないので撮らせて」と頼むと快諾してくれました。

_MG_2651

こちらはEOS Kiss X7とEF-S24mmでの初作例です。これからカメラの構え方を教えてくれたり、思い切りジャンプしたりしてくれます。

こちらはグレーカード(色温度を判定する紙)を持ってポーズ。

_MG_2723

ダンサーの時も楽しそう(^_^ /

_82A4408

_MG_9173

_MG_3004

_MG_3046

_MG_3242

お楽しみに!

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

【エミリとKiss X7写真教室Vol.0】どんな写真が撮れるかな? EOS Kiss X7・8000D・α7のお散歩カメラブログ。カメラとか写真とか料理とか。

Copyright©ぽちろぐ,2016 All Rights Reserved.

ページ先頭へ