1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

IMG 0077 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

1万円前後で買えてしまうTTArtisan 50mm F2。価格の割にしっかりとした造りです。

IMG 0076 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical。さすがの貫禄です。

スペック比較。

マニュアルフォーカス・標準域の焦点距離・ズームレンズと比べて圧倒的に明るい!と似ている天も多くありますが、さすがに比較すると相違点だらけですね。

  TTArtisan 50mm F2 Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical
メーカー 銘匠光学 コシナ
焦点距離 50mm 40mm
明るさ F2 F1.2
最小絞り F16 F22
絞り制御 機械式/絞りリングによる 機械式/絞りリングによる
絞りクリック 2〜5.6は1/2、以降1段 1/3段
絞り値通知 無し EVFに表示
最短撮影距離 50cm 30cm
手振れ補正 カメラに手動設定 自動設定
フィルター径 43mm 58mm
フード 社外品 付属
重量 190g 400g
価格 1万円前後 10万円前後

ボケ方。

41A4545 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

TTArtisan 50mm F2最短撮影距離50cmでF2開放。

41A4533 1 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalの最短撮影距離30cmでF1.2開放。

ここでは明るさの違い以上に以下の2点が効いているように思います。

  • 最短撮影距離付近で撮影機寄りが20cm違うと、ボケ量が極端に変わってくる。
  • Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 AsphericalのF1.2開放は、高輝度の滲みが大きいのでボケがさらに大きく見える。Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalの方が絞り値による描写の変化が大きいように思う。

TTArtisan 50mm F2だって、F4以下の暗いズームで撮るよりもはるかにキレイにボケているんですけどね。Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalが強烈過ぎます。

41A4174 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

TTArtisan 50mm F2の開放で撮影距離2〜3m。

41A4537 1 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericaで撮影距離2mほど。

41A4153 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

TTArtisan 50mm F2の開放で撮影距離0.7mくらい。

41A4499 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericaで撮影距離1.2mほど。

さて、どちらで撮ったでしょう?

1.

41A3599 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

2.

41A4548 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

3.

41A4368 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

4.

41A4078 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

5.

41A4100 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

6.

41A4370 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

7.

41A4497 1 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

8.

41A4089 1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。

Exif見れば分かるので、答えは掲載しません。

「さすが10万円!」という結論にはならないと思います。

マニュアルフォーカス初体験ならTTArtisan 50mm F2。

TTArtisan 50mm F2は確かに弱点があります。

  • 寄れない。今時50mm単焦点で50cmの最短撮影距離は無いよなあ。
  • 周辺減光が極端に大きい。
  • 特にRFマウント版で顕著らしい(焦点工房のサイトにも「RF版はAPS-Cでの利用がお勧め」と書いてある)色かぶりが、撮影条件によって出る。
  • 電子接点が無いので、手振れ補正値はカメラに手動でセットしなくてはならない。
  • 絞り値は目視するしかない。
  • レンズ名がExifに記録されない。
  • オーバーインフ気味(無限遠よりもピントリングが回ってしまう)の個体があるらしい。

しかしメリットも。

  • 圧倒的に安い!中古なら1万円を切る。そして玉数も豊富。
  • 小さく軽い。同じカメラボディでも楽々バッグに入る。
  • フィルター径も小さいのでアクセサリーも安価。
  • シルバーモデルも選べるので、カッコつけられる。
  • 価格の割に操作感が抜群。AFレンズと比べると雲泥の差。

対してVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalは

  • TTArtisan 50mm F2を上回る造りの良さ。圧倒的。
  • F1.2と最短撮影距離30cmの威力は圧倒的。
  • 40mmの画角はぽちろぐ好み。標準域のレンズ大好きだけれど、40mmは格別。
  • 開放時の白滲みが幻想的。絞るとグッとシャープ。
  • 色のりはVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalの方が上。

マニュアルフォーカスが初体験・初心者であれば、TTArtisan 50mm F2を買っておけば絶対に後悔しないと思いますよ。

そもそもF1.2開放のボケの大きさというのは、ピントが薄いと同義なので、いきなり挑戦するとビックリするかもしれません。高いしね。

TTArtisan 50mm F2で慣れて、予算ができたらVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 AsphericalでもVoigtlander NOKTON 50mm F1 Aspherical(20万円超!)でも手を出しましょう!

その他の比較対象としてはオールドレンズがたくさんあります。読んでみてね。TTArtisan 50mm F2は、これらのレンズと比べても十分にクセがあり楽しいですよ。

入手しやすい標準系オールドレンズ比較、再び。

EOS R5+オールドレンズINDUSTAR 61L/Z-MC 50mm/F2.8スナップ。

春をオールドレンズ:ヤシコン・ツァイスPlanar T* 1.4/50で撮ってみました。

【画像追加】オールドレンズの銘玉ヤシコンTessar 2.8/45 T*をウン万円で入手するなら、Industar 50-2の新古品を4000円で。

α7で50mmオールドレンズ撮り比べ7本勝負。【サンプル追加】

入手しやすいオールドレンズ10本撮り比べ、好きなレンズはどれ?

この記事は2024/01/28に公開され、31 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。

1万円前後のTTArtisan 50mm F2と10万円超のVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを無謀にも比較してみます。 - ぽちろぐ EOS R6II・R10・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ, All Rights Reserved.