エミリ@バー、ワイヤレスストロボ撮影修行。

「たまには室内撮影にチャレンジ」

「ストロボ多灯撮影やってみよー!」

ということで、新宿のバーを昼間お借りして撮ってきました、エミリ@モンシェリーwithストロボ2発です。

正直、ストロボ撮影なんぞデジタル化してからほとんどやっていないし、そもそも機材も持っていなかったし。フラッシュ露出計も、セコニックの35年前のやつしかないし(電源は入るけど液晶がほとんど見えない入射光式)。ストロボ照明の正しい勉強しなてないし(ダメじゃんw)。

それでも、デジタルならコチョコチョと設定を変えて撮り直せばいいじゃん!とチャレンジしました。

設定

EOS 7D Mark IIにシグマ35mm F1.4 Art(換算56mm相当)一本でいきます。

メイン照明はスピードライト430EX(無印)です。一応、光通信ワイヤレスでE-TTLが効くということになっています。これを三脚にセットして天井バウンスします。

サブ照明には先日買ったNEEWER PRO NW670 VK750IIを使います。これは同梱のストロボ台にセットして適宜設置します。こちらはワイヤレスではE-TTLが働きません。マニュアルで光量を1/128〜1/1に調整して使います。

コマンダーは信号の回り込みを考慮して、90EXにディフューザーを付けて使います。「エラーになるかな?」と思いましたが、それは大丈夫でした。カメラの真横近くに430EXを設置した時など、ディフューザーを付けないとスレーブが反応しませんでした。

ここで、最後まで気づかぬ大失敗。

天井バウンスした430EXにもディフューザーをつけていたのですが、こいつの「横漏れ光」が強くて影がきつくなってしまいました(T_T

影が出る・肌のキラキラがきつい。現像でかなり調整しましたが、経験&チェック不足。

髪の毛をキラキラさせたい

後ろにスポットライトがあって、それは隠れてるんだけど、髪の毛の輪郭がフワッと光っている。

「ああ、ありがち」

でもね、やってみたかったんですよ。

そのためにはサブのストロボをエミリの後ろに置かなきゃいけない。するとコマンダーの信号が届かず、発光しない。苦しんで設置して撮ったのが上の写真ですが、想いとはかけはなれた物になってしまいました。

光量を失敗すると、こんなになっちゃいます。

サブ照明を1/32ぐらいで試したものです。サブストロボはガイドナンバーがメインの430EXより大きいし、直射なので相当に抑えないといけませんね。1/128で位置を調整するという使い方になりました。

やはり電波式ワイヤレスが欲しい!

とにかく、メインもスレーブもコマンダーに反応しないことが多すぎます!

本当に自由な配光をするには、電波式にしないとダメだなあとつくづく思いました(もちろん自分の腕は棚上げしてw)。

このようなかんたんな機材ではストロボのリサイクルタイム(再充電にかかる時間)が長いため、その間にモデルの気分を盛り上げていくのが一番大変です。話のネタは100でも200でも持ってないとダメですねえ(^_^;

次は電波式ワイヤレス&違う小道具という餡も話し合いましたが、環境光でそのまま撮るのも楽しそうです。

↑酔っ払いにも見えますが、ほとんど飲んでいないエミリに感謝でした。

お店

場所は新宿歌舞伎町、TOHOシネマズ新宿(ゴジラ)裏のバー「モンシェリー(Mon Cheri)」です。チャージ無料、オールドパーが1杯800円(投稿時点)、好みを言えば希望のカクテルも作ってもらえる、安くて気軽なオーセンティックバーです。

日本酒をしこたま飲んで訳が分からなくなると仕上げに訪れることが多いのですが(ダメ人間)、もちろん軽く食事をしてから覗いてもOK。10人ほど座れる丸テーブルもあるので大人数で遊びに行くのも大丈夫です。

https://www.facebook.com/pages/モンシェリー/273631116015507

以前は掲示板だけのホームページがあった気がするのですが、見つからなくなっていました。

コメントを残す

 こちらの記事も読んで見ましょう

エミリ@バー、ワイヤレスストロボ撮影修行。 EOS Kiss X7・M5・7D・8000D・α7のお散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ