EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

キヤノンの撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMを開放でお散歩カメラ。

この記事は2017/03/17に公開され、570回読まれました。

     EFレンズ   , , ,    ぽち

最安撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMをAPS-Cカメラ(今回はEOS M5)で使うと、フルサイズ換算80mmになります。

画角は80mm相当、ボケ量はあくまで50mm相当になります。

スナップに使うにはちょっと画角が狭い(望遠)ですが、ボケ味チェックに持ち出してみました。

最短撮影距離35cmなので、かなりアップにできます。

毛並みを見るととても良く解像しています。

ボケ味は、離れた後ボケは油絵の具をヘラでのせたような(?)ペタッとした感じに見えます。以前使っていたEF50mm F2.5 コンパクトマクロと似た傾向があるように思います。

そういえば標準マクロってもう出さないのかなあ?ハーフマクロで良いのでF2レンズが欲しいです。ツァイスMilvusは高いしでかいしそ重いし・・。

半逆光でも、見るに堪えないほどのコントラスト低下はありません。

アップの、手前の目から後ろの目にかけてはとても柔らかく良い感じがします。マフラーはきれいにボケていますね。

開放で使うとさすがにズームレンズとは一線を画すボケ量ですね。

 

 

     EFレンズ   , , ,    ぽち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

キヤノンの撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMを開放でお散歩カメラ。 EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2017 All Rights Reserved.

ページ先頭へ