EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

ぽちろぐ

EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

EOS Kiss X7とタムロン16-300mmで月を撮ってみた。

この記事は2014/12/08に公開され2017/03/12に更新、1,243回読まれました。

     2017/03/12   カメラ      ぽち

_MG_0542

この組み合わせでは35mm判換算480mm相当になります。今回は手持ちです。

AEではX7限界の-3・1/2補正しても露出オーバーになるため、マニュアルモードで撮影しました。今回は満月なのでISO800、F8.0、1/1500秒でした。撮っては液晶で露出を確認し、絞り・シャッタースピードを変更して撮り直しというスタイルです。なるべくISOは低くして画質が良くなるようにします。

タムロンの手ぶれ補正「VC」は、シャッター半押しで「ブンっ」といった感じの音がします。ファインダーを覗いていると少し画像が動いて、それからピタッと止まります。

これだけ大きく写れば満足かな?X7は1800万画素なので、デスクトップに貼り付けるぐらいの用途なら、月を画面一杯に切り出せます。

     2017/03/12   カメラ      ぽち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

EOS Kiss X7とタムロン16-300mmで月を撮ってみた。 EOS Kiss X7・6D・M5・8000D・α7の実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2014 All Rights Reserved.

ページ先頭へ