ぽちろぐ

タグ【レビュー】

カメラ

想定外の高画質中華レンズAstrHori 50mm F2実写レビュー。

夜中に寝ぼけて「安いからお試し〜」と買ってしまったような(真実は闇)中華レンズ。「アストロリ」と読むそうです。 例によってぽちろぐにとってツボの50mm F2単焦点RFマウントレンズです。電子接点が無…

詳細を確認 →

カメラ

下は8,800円、上は106,200円、キヤノンEOS RFマウントの40〜55mm標準レンズ撮り比べ。

標準レンズが好きです。具合の良い標準レンズが見つかると、ずっとそれ一本で過ごしてしまいます。 キヤノンEOS Rシリーズ用RFマウントレンズが揃ってきましたので、力比べをしてみようと思います。 参加レ…

詳細を確認 →

iPhone

JBLの新作USB-CイヤホンTUNE310C USB-Cレビュー。

久しぶりの有線イヤホン購入です。 意外と盛り上がっていないUSB-C/USB Type-C接続タイプの有線イヤホンに、満を持してJBLが参戦しました。数ヶ月前に調べた時は無かったはず? 仕様 USB-…

詳細を確認 →

カメラ

EOS R100よごめん、舐めてた。初心者にもサブ機にもおススメ。

どうせなら徹底的な小型軽量モデルを CP+ 2024も開幕しましたね。キヤノンは「うぉっ」というほど話題になりそうな機種のお披露目はないようです。EOS R1(EOS -1R?)もEOS R5 Mar…

詳細を確認 →

カメラ

Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical キヤノンRFマウント最速レビュー。

Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical キヤノンRFマウント、ついに発売です。 https://www.cosina.co.jp/voigtlander/rf-…

詳細を確認 →

カメラ

TTArtisan 50mm F2、小型軽量MFレンズは新品で買えるオールドレンズ。

TTArtisan 50mm F2購入経緯。 最新のオートフォーカスレンズ、描写は素晴らしいしピントは正確だし。ポートレイトではモデルの瞳をバッチリ捕まえてくれるし。常用のRF50mm F1.8 ST…

詳細を確認 →

カメラ

キヤノンEOS R10レビュー。劇的に使いやすくなる、能力をフルに引き出すお勧めの設定。

いいですね、キヤノンEOS R10。小型軽量で上位機に負けないAF機能・性能。RF-Sレンズと組み合わせてシステム全体でも軽量です。いつでも気軽に持ち歩けます。 今回は街中スナップ、ライブ撮影等「素早…

詳細を確認 →

    2024/01/21   カメラ   , ,
カメラ

キヤノンEOS R10には超広角ズームEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMがお勧めです。

最新のAPS-Cミラーレス・キヤノンEOS R10で2014年5月発売のEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを使います。およそ8年半の時間が経過していますが、EF-RFマウントアダプ…

詳細を確認 →

カメラ

キヤノンEOS R6 Mark IIとEOS R10比較レビュー、実に快適な棲み分けが実現。

悩み抜いたEOS R50とEOS R10。 RF-S18-150mmを使うとなると、購入価格はほぼ同等。 バッグに入れた感覚は変わらず。いずれもEOS R6 Mark IIと比べて大幅に軽量・コンパク…

詳細を確認 →

カメラ

前のめりで購入しようとしたキヤノンEOS R50、ちょっと待った。

CP+2023で実物に触れて惚れたEOS R50、早速予約!と思いましたが、ちょっと待ちました。 実にコンパクトなRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMなのですが、RF-S18-150…

詳細を確認 →

     カメラ   ,
カメラ

【追記:拡大表示復帰】全く変わらないのに全然違うEOS R6 Mark IIレビュー。

2020年8月に発売されたEOS R6が、早くも2022年12月にMark IIとなりました。発売前のタッチ&トライはこちらです。 「EOS R5があるから大丈夫・・」と思っていたのですが、事情により…

詳細を確認 →

カメラ

RICOH GR IIIxは最強スナップカメラだが、ISO設定に要注意。

40mmで26mmでF2.8のGR IIIx。 RICOH GRシリーズは友人が楽しそうに使っていたこともありずっと気になっていたのですが、IIIとなって操作レスポンスにも満足、APS-Cセンサーの画…

詳細を確認 →

カメラ

RF85mm F2 MACRO IS STMが最強に寄れてボケも良好、ポートレートだけでなくスナップにも最適。

スナップレンズと言えば35mm、ポートレートと言えば85mm。そして万能レンズは50mm。これに異論は無いのですが、ボケや色味がきれいなレンズはついつい出番が多くなります。 RF85mm F2 MAC…

詳細を確認 →

カメラ

EOS R6 Mark II触ってきました。

「唐突」とも言えるタイミングで発表されたEOS R6 Mark II。2020年11月4日からタッチ&トライが始まりましたが、5日14時半の予約が取れて行ってきました。キヤノン銀座です。 無印R6のキ…

詳細を確認 →

カメラ

EOS R7触ってきました。

EOS R5、EOS R3、GRIIIxと機材には大満足しているのですが、それでもこれだけ話題になると見て触ってみたくなるのが人情です。 だいぶ遅くなりましたが、ヨドバシカメラ新宿西口カメラ館で実物に…

詳細を確認 →

     カメラ   ,
カメラ

NDフィルターで遊んでみよう。

K&F Conceptがまた面白いフィターを送ってくれました。可変式NDフィルターです。 至極かんたんに説明すると NDはNeutral Densityの頭文字。特別な効果無く、色もつけずに光…

詳細を確認 →

iPhone

ピークデザインiPhone11用エブリデイケースレビュー。

高いけど、いいよ。 高い。やはりピークデザインは他社製品に比べて高い。 しかしその高い価格にはしっかりと理由があります。「ちゃんとした物を作ると高いよ」。 スマホ(というか携帯)は置き忘れたりしないよ…

詳細を確認 →

カメラ

リコーGR IIIxレビュー。ついに導入!早く買えば良かった。

リコーGR IIIxです。フルサイズ換算40mmのGR LENS 26.1mm F2.8が付いた「GR IIIと全く同じ」カメラです。 さんざ悩んで、途中でEOS Kiss M2ダブルレンズキットを購…

詳細を確認 →

    2024/01/22   カメラ   , , , ,
カメラ

キヤノンEOS R3レビュー。実写、連写で動物優先瞳AF。

2022年1月3日、良い天気で光が丘公園にはなミミを連れて散歩です。 EOS R3にはRF24-240mm F4-6.3 IS USM一本を付けて。設定はAvモードF4〜6.3(焦点距離によって変動)…

詳細を確認 →

カメラ

キヤノンEOS R3レビュー。実写「視線入力AF vs 動物優先瞳AF」と夜間ポートレイト。

でかいです、R3!アヤが持つと顔より大きいかも?特にRF24-70mm F4 L IS USMのような重量級レンズを付けると、片手で振り回すのはほぼ無理です。 そんなEOS R3がスナップポートレイト…

詳細を確認 →

カメラ

今人気のブラックミストフィルター(しかも磁力装着タイプ)レビュー。

ほどよく光を拡散して、肌をきれいに見せたり点光源を柔らかく滲ませるミストフィルターです。 光の滲み具合がノスタルジックな雰囲気を出しますが、ホワイトミストと異なりブラックミストは全体の色味をしっかりと…

詳細を確認 →

カメラ

ニコンZ fcレビュー。なぜ早々に手放すのか?

網戸の向こうのミミの瞳をしっかり捉えるニコンZ fc。 ニコンZ fcとさようなら。 中古で見つけて1ヶ月。先日はZ28mm F2.8キットも発売となり、Z28mm単体も11月19日に発売が決まったば…

詳細を確認 →

カメラ

キヤノンRF14-35mm F4 L IS USM実写レビュー。

発売日にRF14-35mm F4 L IS USMが届きました。 特長。 想像以上の小ささです。EF16-35mm F4L IS USMをマウントアダプター付きで使っていた時からすると、感覚的には「半…

詳細を確認 →

iPhone

iPhone 13、物欲的検証。

2021年9月15日深夜、iPhone 13が発表されました。 至極個人的に物欲的観点から考えてみます。 iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 1…

詳細を確認 →

     iPhone   , , , ,

レビュー - ぽちろぐ EOS R6II・GR III・α7IIIの実体験お散歩カメラブログ。

Copyright©ぽちろぐ,2021 All Rights Reserved.